FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ONE PIECE』第581話ネタバレ

2010年04月18日 15:50

こんにちは、所長です。
寒暖の差の激しい今日この頃、いかがお過ごしですか。
所長もなんか風邪を引きそうな予感に怯えています。
くれぐれもお体にはお気をつけてくださいね。


では以下、ネタバレにつき立ち入り注意のこと。

第581話「忍びよる未来」

扉絵は、ゴリラの親父が切り盛りするおでん屋で一杯やるオッサンコンビこと、シャンクスとバギー!
うわああい!ありがとうありがとう尾田先生!うわー嬉しい!
シャンクスの杯に、バラバラの手で熱燗を注いでやるバギーなんて、見られるとは思わなかったよ…!
ほんとに仲いいなこの二人!
バギーは恨みとかなんとか言ってるけど、シャンクスが自分に害を与えないと信じ切ってるし、シャンクスは真正面からバギー好きだよね(笑)
22年前にハデにふられたのにな!
あああ、眼福~!



『臨時ニュースをお伝えします──』
頂上戦争終結、そして海軍の「勝利」と、白ひげの「敗北」のニュースは、全世界に広がる。
何も知らない庶民たちは、無邪気に「正義の勝利」を喜び沸き立つ。

だがその頂上戦争の舞台、マリンフォードの沖に停泊する七隻の船は、罪なき民とはまた違うものを感じている。
かつてゴールド・ロジャーの処刑に立ち会った若き海賊たちと同じように、新たな海賊時代を担う『彼ら』は、この重大な歴史の節目を見逃しはしなかった。
大海賊時代の秩序の立証、マリンフォードより立ち上る戦塵を見据え、殺気立つ時代の流動を肌で感じていた。

11人の超新星が一、「赤旗」ドレークは呟く。
「海軍もまた…変わらざるを得ない…!!」

「ギャング」ベッジが、葉巻をくゆらす。
「あっという間さ…白ひげの領海(シマ)が…血の海に変わるぞ」

「怪僧」ウルージがひとりごちる。
「鍵は黒ひげ。間違いなく、しばらくは奴らが台風の目になる…!」

「海鳴り」アプーが首をひねる。
「やがて敵となる男をだ!助けると思うか!?本当に…!!」
「何の話です、アプーさん」
「トラファルガー・ローよ!残忍で名の通った男だぜ!?奴ァ!!」

「大食い」ボニーは唇をかみしめる。
「何もかもあいつのせいだ…!すぐに探し出してやる!!行くぞ!!新世界へ!!」

「魔術師」ホーキンスは、カードを並べて眉をひそめる。
「妙だ…麦わらのルフィの生存確率が、何度やっても…0にならない…!!」

「戦争の勃発にゃあ正直びびったが…大海賊白ひげは死んだ…!終わったんだな、これで…」
語り合う部下の耳に響くのは、「キャプテン」キッドの高らかな哄笑。
「何が終わったって!?これによって生まれた勢力、黒ひげってのは相当なタマだぜ…!!新世界は四皇達の統べる海。『赤髪』『カイドウ』『ビッグ・マム』…!均衡が崩れた今、何が起こるかわからねェ!!始まるんだよォ!!誰も見た事のねェ『新しい時代』が!!」


ち、ちょっとブレイク。
情報整理をさせてくれ。
えーと、今後の伏線になりそうなのは、まずボニーだな。白ひげのニュース聞きながら泣いてたし、彼に恩があるのかな?
そして、この事態の責任者(?)に心当たりがあって、それに怒りと恨みを感じているようだが。
責任者…しかも新世界にいる責任者?黒ひげじゃなくて?
とすると、カイドウとか…?どう責任があるのかわからんが。
まあ、言いがかりというか、彼女の主観では責任があるけど一般的判断では責任はない(つまりやつあたりとか勘違いとか)な可能性もありそうだが。彼女、直情径行タイプだし。
あと、ついにラストワンの四皇の名称判明…と。
呼称からすると明らかに女性、それも「母」か。すごいオバサンとかだろうか。
ローラママである可能性は高くなったような気がする。
それと、このタイミングで「ローは残忍で有名」情報か…。
まさかルフィのことを、「切り刻みがいがありそうだから、簡単に死なせるのは惜しい」とか思ってねーだろうな(笑)


東西南北の海、そしてグランドライン。
例えば歴史がそうであるように、情報は巡る程に削ぎ落とされ、海軍の「勝利」の二文字が海風に踊る。

白ひげの言い残した「ワンピース」の実在を信じ、旅立つ者。
白ひげの死を伝える号外。
海軍の勝利に安堵する民。
海軍支部は勝利に酔い、若い海兵は「いつか本部に召集されるほどの海兵に」と夢を抱く。

世界は大事件に浮き足立ち、そして人々は気づかない。

白ひげの縄張りであった島に土足で踏み込む海賊たち。
怯える人々を尻目に白ひげの紋章を切り裂き、あざ笑う。
「金輪際このマークは通用しねェんだよ!あいつはもう死んだんだ!!白ひげ亡き今、世界を取るのはおれ達だァァ!!よくその目に焼きつけておけェ!!この島を今日から支配するのは、この海賊茶ひげ様だァ!!」

海軍の勝利、その戦争の結末がもたらすものは必ずしも平和だけではなく、白ひげの脅威という抑止力を失った海は、次第に大きく荒れ始める。


…まあこれは、予想されてた事態だよなあ。
赤犬とかは、こういう事実をどう思ってるんだろう。
…ま、「正義の遂行のために多少の犠牲はやむを得ない」で終わりだろうなあ…。

ところでどーでもいいが、茶ひげさんはいかにもやられ役っぽいな(笑)
この世界、ゾロやフランキーやアイスバーグさんみたいな髪の色の人もいるんだから、もっと突飛なひげの色でもいいのに、なんか地味だし(笑)
しかし語感として、緑ひげや紫ひげはよくないか…。青ひげだと妻を殺しそうだしな(笑)
赤ひげだと、「バルバロッサ(赤ひげ王)」と呼ばれた実在人物がいるけど。
余談だが、すごいひげのネタというと、エラリー・クイーンの「レーン最後の事件」とか思い出すな。


閑話休題。


海軍船の上は、目をハートにした石像に満ちていた。
「ルフィの容体はどうなのじゃ」
その問いは、海軍船から海賊船へと乗り移った女妖の口から漏れる。
「よくおれ達がここに浮上して来るってわかったな。海軍がまだ追跡してきたのかと思って、キモ冷やしたよ」
答えるのは、白い熊。
「海底をサロメに尾行させたのじゃ。──勝手に話題を逸らすな、ケモノの分際で!!」
「すいません…」
ローの側近、白熊ベポは相変わらず打たれ弱かった。
ヘンなコンビだな、ハンコックとペポ(笑)

船室の扉が開き、返り血を浴びたローが現れる。
「やれる事は全部やった。手術(オペ)の範疇では、現状命はつないでる──だが、あり得ない程のダメージを蓄積してる。──まだ生きられる保証はない」
主治医の判断に、言葉を失うハンコック。
そのとき、
「それは当然だっチャブル!!ヒィ~ハ~!!」
軍艦から、イワさんが顔を出す。
そのインパクトにハートの海賊団が驚愕する暇も与えず、次々と降るのは、ルフィへの賛辞。
インペルダウンから脱獄した囚人たち(バギー親衛隊以外?)は、ハンコックが乗っ取った軍艦に忍び込んでいたのだ。
「おれ達は長年の夢、カマバッカ王国へこれから行くんだ!ニューカマーランドから、新人類(ニューカマー)の総本山へ!!」

おお!
すると、麦わらの一味の一人とは連絡がつく!?
…無事かしらあの人。特にすね毛とか(そこか)。


ひらりと…というか、ガン!と潜水艦に飛び移ったイワさんが、事情を語る。
ルフィはインペルダウンですでに立つことすらできない状況だったこと。
しかし彼は兄エースを救出したい一心で暴れ回った。
(もし諦めたらくいが残る!)

「その兄が自分を守る為、目の前で死ぬなんて…神も仏もありゃしない…!!精神の一つや二つ、崩壊して当然よ!!」
麦わら頑張れ、と叫びつつ涙するニューカマー達。

「何という悲劇じゃ…できるものなら、わらわが身代わりになってあげたい…可哀想なルフィ…」
涙を拭う絶世の美女の姿に、海賊女帝にこれほど想われる男をちょっと羨むハートの海賊団員。

「ところでヴァナタ、麦わらボーイとは友達なの?」
「…いや」
イワさんにいきなり話しかけられても、動じもしないロー。さすがは超新星。
「助ける義理もねェ…親切が不安なら、何か理屈をつけようか?」
「いいえ、いいわ。直感が体を動かす時ってあるものよ」
そのとき、再び扉が開く。制止の声を振り切って、よろよろと現れたのは巨漢の魚人。
「北の海、トラファルガー・ローじゃな。ありがとう、命を救われた…!」
七武海ジンベエの謝礼に、ローは短く応える。
「寝てろ、死ぬぞ」
だかジンベエはかぶりを振る。
「心が落ち着かん…ムリじゃ…わしにとっても、今回失ったものは、あまりにデカすぎる…!!それゆえ──ルフィ君の心中はもはや計り知れん…あの場で気絶した事は、せめてもの防衛本能じゃろう…命を取り止めても…彼が目覚めた時が…最も心配じゃ…」

酸素吸入を受けながら、ルフィは眠る。
…傍らにでっかいローの剣が刺してあるけど、もしかしてこれはメスとかそういうのに相当するわけか?

ハンコックが口を開く。
「ケモノ!電伝虫はあるか?」
「あるよ。あ…あります、すいません」
相変わらず立場の弱いペポ。しかしハンコックも、船長のローじゃなくわざわざペポに話すんだから、気に入ってはいるのでは(笑)
そんな白クマは、仲間から
「いいなーお前、女帝のしもべみたいで」
と羨まれていたりもする。
「九蛇の海賊船を呼べばこの潜水艦ごと、凪の帯を渡れる…!ルフィの生存が政府にバレては、必ず追っ手がかかる。わらわ達が女ヶ島で匿おう。わらわがまだ七武海であるならば、安全に療養できる」

えー、逆戻りかよ。
…ハートの海賊団員にはラッキーかもな。思わぬ展開で、女だらけのある意味パラダイスへ!
まあなんだ、股間の金の袋よこせとか、伸びろとか、いろいろ無理難題言われるかもだが(笑)

あと、「まだ七武海なら」も気になるな。
今後彼女が解任されるフラグかも。


海軍本部。
瓦礫の中のセンゴクに、インペルダウンの状況が報告される。
マゼランは生きてはいるが虫の息で、現在集中治療中。しかしひどく責任を感じ、体が動けば自決しかねない有り様だという。
「そんなくだらんマネは絶対にさせるな!!──獄内では一体何が起きたんだ…?」
「結果から申しますと、レベル6は特に惨劇…」
「惨劇!?」

その男たちは、レベル6に現れて言った。
(ごきげんよう!!この閉ざされた檻の中で一生を終える、夢なき囚人共!!どうせ死を待つだけの余生…!!どうだお前ら!!その檻の中で一丁殺し合いをしてみねェか!!生き残った奴らをおれの仲間として、シャバへ連れ出してやろうじゃねェか!!)

死のバトルロワイヤルの結果、あの四人が連れ出された。
しかし、レベル6から消えた囚人の数は、明らかにそれよりも多い。
すなわち、レベル6の脱獄者は他にもいるということ。
「人数と名前を早急に確認し、すぐに手配書を世界に公表しろ!レベル6クラスの囚人など、たった一人どこかの国へ紛れ込むだけで、人々に及ぶ危険度は甚大だ」
顔色を変えて指示するセンゴク。
しかし、部下は動かない。
「ですがその…世界政府より…このレベル6の件は…包み隠せと…!!これ以上の失態は、政府の信用にかかわりますので…」
センゴクは、一瞬歯を食い縛り。
次の瞬間。

「フザけるなァァ!!!!」

爆発、した。


腐りきってんなあ世界政府。
しかしボンちゃんはどうなった?


マリンフォード裏町。
まだ避難民の戻らぬゴーストタウンの片隅に、地響きの音。
血を滴らせ、うずくまるのは七武海が一、死者の王ゲッコー・モリア。
そして彼を囲み追いつめるのは、複数のパシフィスタと──いまひとりの七武海、ドンキホーテ・ドフラミンゴ。
「貴様ァ!!ドフラミンゴ…!!」
苦鳴を上げるモリアを追い詰め、ドフラミンゴはいつもの笑い声をたてる。
「モリア…お前はもう七武海の称号を背負うにゃ力不足だ…頂上戦争にて戦死したって方が、格好がつくだろ?政府に消された、ってのよりよォ!!」
「…誰のさしがねだ…センゴクか…!?」
モリアの問いに、ドフラミンゴは笑って天を指した。「いやァ…!!もっと上だ…!!」

以下次号。



すいません、今週更新する時間が取れるかどうか怪しいので、とりあえず簡易に追記を。
今回は情報量多くて、あらすじだけでも携帯編集可能量ぎりぎりだったからなあ。

第一の注目は、ルーキーズの動向ですね。
なんと全員高みの見物に来ていたとは。
しかしその中でひとり暴走したローだけが、パラダイス(?)へのチケットを手に入れることになろうとは、神ならぬ身の知る由も無く。
アプーさんとか物見高いから、アマゾンリリーに行けると知ったら羨ましがりそうだ。

しかし改めて、尾田先生のキャラクター造形力のすごさを思い知りますね。
エースといい、ローといい、今回の戦争でクローズアップされたキャラは、いずれも事前の人気投票などで、麦わら一味に食い込むほどの人気を見せています。
ローなどは最初の登場から「医者である」ということを明示してありましたし、「こいつ人気出たから活躍させよう」ではなく、「こいつはあとで重要になるから人気が出るようにキャラクター作ろう」と織田先生が計算しているものと思われます。
読者の人気を計算できる、それは創作者としての大きな強みでしょう。


ところで上記のように、四皇ラストワンのビッグ・マムがローラママであるとすれば、ローラと義姉妹の契りを交わしたナミ、そして彼女を擁する麦わら一味は、大きな後ろ盾を持つことになりそうですね。
もともと赤髪のシャンクスはルフィの味方と思われるので、残る三皇のうち、敵になりそうなのはカイドウだけかもしれない。
白ひげの残党(隊長たちは世界的有名人レベル)は確実にルフィシンパだし、新世界での後ろ盾には困らないかもな。
さらにカイドウさんはモリアさんと因縁があるので、モリアさんを倒したルフィについては、もしかすると敵の敵は味方、的なことにならないとも限らないか…。
まさか四皇全部が味方になるとも思えないから、あるいは運命のいたずらで、一番ありえなさそうなシャンクスが敵に回る、というような事態も起こり得るかもしれない。



感想サイトさんのどこかで、「茶ひげは明らかに調子に乗った三下である」という記述を拝見し、膝を叩きました。
なるほど。それはわかりやすい表現だな!
白ひげの抑止力が失われたために、こんなあからさまな小物が台頭するような混沌の事態になっていることが、彼の三番煎じくさい名前だけでわかる。すごいなあ。
しかし、実力もない小物がどさくさにまぎれて調子に乗ってる、といえば、我らが癒しのバギーさんも同じ状況な筈なのになあ。
バギーは全く不快じゃないどころかもっとやれと思うのに、茶ひげさんはさっくりやられてくれてOK、と思ってしまうのは、人徳の差であろうか。
バギーはああみえて、実力で勝負してるからなあ。カリスマも実力のうち。



で、ハンコックとルフィの件ですが。
個人的な意見ですが、現在のルフィは、ぶっちゃけ外部からはどーしよーもなさそうに思えるんですよね。肉体はともかく、精神は。
私は普通の意味でも腐り的な意味でもルフィと仲間達の絆が大好きですが、今はその仲間達でさえ、ルフィを闇から救うことはできないだろうと思います。無二の相棒ゾロでも、親友ウソップでも、私のイチオシサンジさんでも。
そんな状態で、外部から隔絶されたアマゾンリリーに入ってしまったら、そこから出てくることができなくなりそうな嫌な予感が。
ハンコックだって、ルフィが復活するまでは外に出したがらないでしょうが、彼女が救いになろうとは思えないし。

そこで、物語を動かしうる要素として思いつくのが、最後のモリアさんの件です。
この件は後述したいと思っていますが、モリアさんが粛清されつつあるということは、海軍が(というより世界政府が)、七武海の変化を望んでいるということです。
問題は、その変化の内容がなにか、ということなのですが。
「七武海の称号には力不足」というドフラミンゴのセリフからすれば、七武海の実力のレベルアップを図っているとも取れますが、真面目な話、モリアさんは弱くないと思うんだ。
今回は真昼間の海の上という最悪のステージだったし、ルフィにやられた直後だったしで、あんまり実力が出せませんでしたが、無数の不死の軍隊を作ることが可能な能力は脅威ですし、部下にもステルス能力やら精神攻撃能力やらが揃っています。
今回の戦争、ペローナ様がまだモリアさんのもとにいれば、ネガティブホロウを一発、白ひげさんに撃てば終わったかもしれないと思うんだ。
…というわけで、モリアさんは能力的な理由で消されるわけではなく、他に理由があるんじゃないのかなーと。
ルフィに敗れて名前に傷がついたからか、あるいはパシフィスタの量産に成功したことで、曲者ぞろいの七武海そのものの存在意義がなくなったのか。
もし後者の理由だとすれば、今後世界政府は、七武海を解体する可能性があります。
そうすると、ハンコックが七武海であるというその一点だけによって守られている九蛇(海賊の本拠地)は、即刻海軍の標的になるかもしれません。

九蛇が海軍によって攻められ、世話になったハンコックやマーガレット達が危機に陥ったときに、ルフィが自らを目覚めさせる。
…というような展開があり得るかもしれないなーと。
「わらわが七武海なら安全」という伏線も拾えるし。



ところでその海軍、というか、世界政府はみごとに腐っておりますな。
ことここに及んでも、体面重視か!
やはりガープが身内から犯罪者をぼろぼろ出しても伝説の英雄だったのも、世界政府の腐敗のせいなんだろうか。

とりあえず、マゼランさんの生存が確認できてよかった。まあ、心身ともにやばい状態っぽいけど。
シリュウあたりが油断させて刺すとか、海楼石の手錠でもはめさせて、リンチでもしたんだろうか。
ハンニャバルさん共々、早期に職場復帰されることをお祈りします。
マゼランさん…部下運があればこんなことには。あと鬼の袖引き調査をちゃんとやっていれば。リア充生活ができて、美女に目がくらんだりしなければ!
……まあ、ルフィ相手だけならよかったのに、黒ひげが最悪だったなあ…。

で、今までは世界政府の忠犬だったセンゴクさんも、さすがに心境の変化かな。
一応勝利をおさめたとはいえ、彼も今後処分とかうけるようなことになりそうだ。


モリアさんの件は上記でも少し述べましたが、七武海の今後が気になりますね。
ドフラミンゴの言う「上」とは、やはり五老星のことでしょうか。彼は最初から、「上」とやらの意思で動いていたのか?
どうも彼はフリーダムな印象が拭えないので、人のいうなりになるようにも思えないのですがね。
あと、私は未だに彼が「D」である可能性が高そうに思えるんだよなあ…。
パシフィスタは戦桃丸以外の命令も聞くのかな?鉄人28号風に、コントローラーがあるとか?




(こっそり)
シャンバギいいい(絶叫)!

そして個人的には、ルフィと最初に再会フラグが立つのがサンジになるんじゃないかなーとワクワクしてます。


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 漫画ブログ 連載本誌感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. MIYE | URL | -

    コメントお返事

    >ゴムメラ兄弟さん(0-10 一等兵)

    こっちでも、雪は降っておりました。
    え、もう四月になったんじゃなかったっけ?

    うーん、ボニーが怒ってるのが黒ひげのことなら、すぐ側まで来てるんだし、ここで出待ち(笑)して、フルボッコすれば(できるなら)いいんじゃないかと思うのですよ。
    しかし、すぐにやっつけてやる!という感じではないので、彼女の標的は近くにはいないのかなーと。

    ふと思ったのですが、もしかしてくまは、イワさんに預けるつもりでサンジをカマバッカに飛ばしたんでしょうか。
    えらいリスキーですが(笑)
    や、サンジが好きで着てるなら、フリフリだろうがシースルーだろうが、ルフィは気にしないよきっと!

    蛇姫さま、チョッパーにもやはりケモノ呼びですかねえ。
    蹴飛ばすのだけはやめてあげてね!

    バギーとシャンクスの見習い時代は、ものすごく見たい…!
    きっとバギーはしょっちゅうシャンクスにいじめられて、レイリーさんに助けを求めていたに違いない(笑)

    ゴムメラ兄弟さんも、お風邪にはお気をつけて!


    >マサキッスさん(0-5)

    おうとも、食いつかいでか(笑)!
    むしろあの扉絵に食いつかず、なんの腐女子!
    いいよねーシャンバギ。和むわ。

    センゴクより上は、五老星以外にもいそう…っていうか、身分的には天竜人も上なんだろうなあ多分。
    あとずっと地味に気になってるのが、「王下七武海」の「王」です。世界政府の「王」という存在があるんだろうか?

    マサキッスさんも、御身お大切に。


    >Pさん(0-4 三等兵)

    昇進おめでとうございます!

    うん、ようやく仲間…っていうか、サンジにスポット当たる可能性が出て来ましたね。
    ある意味、ニューカマー化は、精神的にも肉体的にも強化のような気がします(笑)
    ミホークに一瞬で切り飛ばされたニューカマーも、そんなこと言ってたし!


    >野沢菜さん(0-2)

    ようやく仲間がルフィに返されそうですね。おだっちったらどS。
    イワさんにホルモンぶち込まれたら、「あらしまったブル」とかで女性化する危険もあるので、油断はできないよ!

    モリアはなあ…アブサロムあたりが近くにいれば、まだ助かる目はあると思うけど。そういえばリトルオーズはどうなった?マリオ化したのか?
    しかしいずれにしろ、モリアさんはもう七武海としては生きていけないでしょうね。ヘタすると、死なないまでもインペルダウン幽閉とか。
    …まああそこも今は混乱してるだろうけど。
    ハンコックがもし解任されたら、残るのは政府の操り人形のくまと、政府の上部とつながってるドフラミンゴと、一匹狼のミホーク。…ミホークさん、逃げて!なんかヤバい匂いがするよ!
    新キャラが入るとすれば、ルーキーズがまた絡んでくる可能性もあるかもしれませんね。彼らの実力は折り紙付きのはず。


    >元Cさん(10-2)

    うわあああん、マジご無沙汰してます元Cさん!
    ていうか不義理しててスミマセン。

    なるほど、あの…っていうことは、あの一家のパパン?ロズワード聖だっけ。
    そういえば、ルフィがインペルダウンに潜入しようとした頃、またなんか騒ぎを起こしたとかでセンゴクさんが頭を痛めてたね(じいちゃんがエースに会いに行った時)。
    あそこの息子は救いようのないアホだけど、オヤジの方は少しは切れそうだから、圧力かけるくらいはやるかもなあ(息子はそんな頭もなさそうだ)。もしかして黄猿がルフィへの致命的な攻撃をしなかったのも、その影響かな?
    そしてヒューマンオークションつながりでドフラか…あり得るかもなあ。

    今後がマジに楽しみですよね!


    >つつさん(0-1 海軍船雑用)

    はじめまして、ようこそ弊研究所へ!
    …ですよ、ね?(←記憶力自信なし)

    そうそう、それは所長も気になってた。
    書こうと思って、忘れてたみたいですね。ご指摘ありがとうございます。
    黒ひげの歯は、抜けてるのが2パターンと、全部生え揃ってるのが1パターンで、全部で3パターン?
    だとすればやはり、「頭蓋骨が三つ」の伏線通り、彼は3つの頭というか姿というか、ぶっちゃけ悪魔の実の容量が3個分ある可能性がありますね。
    そしてエースが「二倍」と言ったのは、もしかしたら黒ひげが、白ひげの船の中では「異形」として二つ分は見せていたけれど、
    最後のひとつを隠していたのかもしれません。そう考えれば、つじつまは合います。
    とにかく、今後に注目ですね。


    >βoβuさん(0-8)

    ぼんにゅい。

    ボニーは、「探し出す」と言っているので、相手が(新世界内の)どこにいるかはわかってないのでは?
    となると、時間も当然かかりそうだと思います。「すぐに」というのは、まあ気合い発言ではないかなーと。

    ビッグマムは、ローラママの可能性が高そうだなあと思っています。
    四皇の力が得られれば、新世界はかなり生きやすそうですよね。

    所長もマーガレットは好きです。ああいう凛としたタイプは好き。
    ルフィに恋したりして、身を滅ぼさないで欲しいなあ。

    むしろイワさんのウインクであっさりやられたり、ハンコックに野次を飛ばしてたような奴なら、多少逃げてもたいして害はなさそうな。
    …ま、ああいうのから真っ先に殺されたんでしょうなあ。

    「ようオカッパ。ちょっとこのバケモン、貸してくれよv」
    「誰がオカッパだ!わいは海軍一固い男戦桃丸!」
    みたいな感じかなあ…ドフラと戦桃丸の会話。
    七武海は一応、政府の下部組織のはずだから、ドフラも政府側の人間と分類されるはずなんですけどね(笑)
    見えねえよなあ…。

    そもそも、七武海という制度が先にあるのか、それとも最初に選出されたのがたまたま七人で、それ以降先例に倣って数を七人に揃えるようになったのかが気になります。
    つまり枠が先か、実質が先か、ですね。少なくとも今は、空席を埋めようとしたりしてたことから見て、「政府公認の海賊は七人」ということに決まっているようですが。
    ……引き込みたい海賊が八人いたら、どうするんでしょうねw

    政府的には強力な海賊を補充したいかもしれませんが、最新に採用した黒ひげがアレだったことを思うと、当分は新規採用には消極的かもしれませんね。
    幸いパシフィスタがいるから、あれで七人のクマさん軍団でも作ればいいじゃん。ドフラは白雪姫枠とかで。
    ……ミホークは……魔女枠かな……(笑)?


    >海さん(0-27)

    よし、まず言わせてもらおう。
    海さん、マイソウルブラザー(笑)
    所長もアレ見て、まずそれを思い出したよ!

    おだっちも年齢的には、見てておかしくない年だけどねえ。
    しかしもしビッグ・マムがローラママだとすれば、ローラがドーターポジションか。
    するとさしずめ、白ひげがザッハトルテ…?
    自分で言っててわけわからなくなってきたわ!

    確かに女の子はかわいくてスタイル良くて露出度の高い、よいエロス作品でしたねw
    ……ちなみに腐女子的にも美味しい作品であったことをお伝えしておきます。
    所長は個人的に、マロン×キャロットイチオシ。
    ガトーは禁断の兄妹愛でひとつ。


    >nomadさん(0-4 三等兵)

    おお、昇進おめでとうございます!
    幸いにも所長は風邪はひきませんでした。でも体を冷やさないよう心がけております!

    ふーむ、ありましたっけね総帥。検索検索。
    ……なるほど。世界政府の総帥は最高権力五老星の下に位置し、元帥より偉い、とありますね。8巻のSBSの情報のようです。
    所長的にはスパンダはもはや一回転して「可愛い」の域に入っていますので、憎たらしい新キャラは歓迎です。や、天竜人的な憎たらしさはいらんけど。
    CP9はさすがに元帥より下だろうし、センゴク以上となるとやはり総帥、五老星、あとは別の意味で「上」の天竜人かなあ。

    問題は、イワさんやイナズマさんにゴールデンボールが残っているかどうかだと思うのですよ。
    ないもんは取りようがないしねえ(下品)。
    イワさんだけでも保護者としてルフィについてきて欲しいものですが、いやしかし一刻も早くサンジを確保してもらいたくもある。
    ルフィの仲間だと分かれば、きっと一番豪華なドレスとか着せて、九蛇に送り出してくれるはず…!

    他の仲間はともかく、ゾロが集まれるかどうかは真剣に心配です。
    おねがいペローナ様!

  2. nomad | URL | -

    所長様、おはようございます!
    更新&追記ありがとうございます!
    早めの対策で風邪を吹っ飛ばして下さいね!

    モリアさん抹殺の件で一つ気付いたのですが、「総帥」っていう役職が在りませんでしたでしょうか?五老星と元帥の間の位置だったハズ。まだ見ぬキャラが出てきそうな気がします。ものすごい冷徹そうな。スパンダより憎そくて。
    ドフラミンゴが、もっと上と言っていたので、違うかも知れませんが。

    ハンコックの判断で揃って女ヶ島に行きそうですが、イワさん始めニューカマーを見たときのマーガレット達の反応が楽しみです。躊躇なくゴールデンボールを要求するのだろうか?笑
    そうなると少年誌として微妙な事になってきますね!笑

    まぁイワさん達はすぐにカマバッカ王国に行きそうですが。

    早くサンジや麦わらの一味が見たいですね!
    続々と集まってくるのかな?楽しみです!

  3. 海 | URL | -

    まいどデス

    とりあえず今回は僕としましては

    『ビック・マムだと!?』って言っておきましょうかw


    もしや尾田っちも爆裂ハン●ー見てたのか?

    無駄にナイスバディな登場人物の多い

    男子としてはロマンに満ちた魅力的な作品だったけど

  4. βoβu | URL | 1zy/x5P2

    Hello.所長。
    βoβuです。

    表紙は思わずニヤリですよね。
    今回は言いたいことがたくさんあるので、箇条書きにしました。

    ・ボニーは誰のことを言っているんですかね?
     新世界にいるだれかで、時間もかからずに会えそうなやつ?
     新世界の海賊は情報が少なくてわかんないですね。
     
    ・ビッグ・マム…ローラのママですかね?
     リスキー兄弟もすごい海賊って言ってましたし。
     ローラママだったらナミに渡したビブルカードがそこで役立ちそうですよね。
     
    ・ルフィは女ヶ島に行くってことは、マーガレットにまた会えるかも!
     (私は、マーガレットが大好きですvv)

    ・レベル6の件は包み隠しちゃいけんだろ。世界政府。。
     超危険人物とかのフロアでしょ?なに考えてんの?
     でも、イワさんにDEATHウィンクくらうようなやつは生き残っていないと思う。。

    ・私もドフラミンゴは人の指示は受けないように思えるのですが。。
     でも、その行為が新しい時代にとって好都合だったらやりそうだな。
     センゴクのもっと上ってことは政府の人間なんだと思うけどドフラミンゴは政府側の
     人間に全く思えないし。(勝手な思い込み)
     あと、パシフィスタは戦桃丸から借りたのかな?
     どんな会話したんだろw

    ・他のサイトで空いた七武海に誰が入るのか?ってあり、別に五武海でも四武海でもよくね?
     と思ったのですが。
     ロゴは悪いけど、今回の戦争により三大勢力の均衡も崩れてるように思えますし。

    上手くまとめられませんでした。

  5. つつ | URL | mQop/nM.

    黒ひげがレベル6に現れて言ったセリフのシーン、歯が全部生えてます。

    他のサイトにも書き込みがありましたが気になりますね。

    「人の人生の2倍生きている」と何か関係があるのでしょうか。

  6. 元C | URL | -

    より上の存在


    こんにちは、おひさの元Cです。

    単純にちょっと気になったので一言。

    ドフラミンゴの言う「上」とは、多分「あの天竜人」ではないでしょうか?
    (シャボンディ諸島における“ヒューマンオークションの上得意先”として、裏で繋がっている可能性は充分考えられます。)

    多分、怨恨あるルフィに負けたモリアを「役立たず(七武海の資格なし!)」として処罰しているのではないでしょうか?
    (ドフラの台詞からそんな雰囲気を感じられます)

    いずれにせよ今後の展開に注目です!!

  7. 野沢菜 | URL | -

    やっと仲間と絡むかー。
    サンジはまあ…イワさんがホルモンでもぶち込んで元に戻してくれるでしょう!←

    あとモリアが危ないですね。
    おだっちのことなんで、そう簡単に殺したりはしないんでしょうが、七武海を降ろされるのは免れないってとこですかね。
    そうなった場合、七武海の空席が少なくとも3つ(ハンコックも降ろされたら4つ)となるので、新しく入るだろうキャラにも注目したいです。

  8. P | URL | -

    遂に仲間が本編に絡みますね(しかも最も気になる人からw)
    それにしても現在のサンジは立ち直って男に復活したのかあの姿のままなのか心配ですw
    結局、彼はパワーアップするのでしょうか?

  9. 所長、お疲れ様です。

    やっぱ我らが所長!扉絵に食いつきましたな☆
    いいよね~。シャンバギはいい…。

    本編については…
    ドフラミンゴは五老星と繋がりがあるんですかね??
    センゴクより上って五老星しかいませんでしたっけ?

    お体には気をつけて~。また、来週!

  10. ゴムメラ兄弟 | URL | -

    ご苦労様です。
    昨日こちらでは季節外れの雪がふり、見事に風邪を引きました(泣)

    ボニーについてなんですが、単純に黒ひげのことかなーと思いました。彼女が白ひげ、もしくはエースと関係していたのであれば、その元凶は目に見えていますんで。

    ルフィと最初に再会しそうなサンジ(そういえばくまに仲間が吹っ飛ばされたとき、ルフィと同じくらい苦悩してましたね彼。)がルフィにとって救いになるような展開を望んでいます。
    (逆にサンジのオカマ化にルフィがショックを受けてさらに容態悪化なんて事は…)

    あとは蛇姫さまがチョッパーに対しての呼び名が大体想像できるところでしょうか。

    バギーとシャンクスの見習い時代をぜひおだっちに書いてほしいと思う今日この頃です。

    所長さんも風邪には気をつけて元気で頑張ってください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://captainluffy.blog58.fc2.com/tb.php/244-6e8d1ea6
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。