--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ONE PIECE』第578話ネタバレ

2010年03月19日 23:34

こんばんは、こちらでははじめての記事更新となる所長です。
さっそくコメントや拍手くださった皆さま、ありがとうございました。

また、ブログの選択についてご心配くださった方もありがとうございました。
fc2を選んだ理由のひとつは、二次創作サイトさんで使用しているところが多いということでしたが、もうひとつ魅力的だったのが、記事ごとの拍手でした。
正直、こちら側からは読みにきてくださってる方々のことはさっぱりわからないので、コメントやメールは重要な指標となっています。
しかし、私も普段感想サイトさんを読み歩いていてもコメントとか滅多にしませんし、メールだとなおさら敷居が高いだろうなあと思います。
そんなわけで、連絡手段の垣根が低くなるのはいいなあと思った次第です。
fc2さんの対応についてはまだ連絡を取ったことがないので分かりませんが、少なくとも今のところ、記事を書く便利さとかでは(慣れてない分を差し引いても)、文句はない感じです。
とりあえず、住めば都とも言いますし、しばらくはここに住みついてみようと思います。
もし、続けて行く過程で、「やっぱりここはちょっと…」となったら、その時はその時でまた考えるってことで。
ご意見嬉しかったです。本当にありがとうございました。


では以下、ネタバレとなりますのでご注意を。
……あ、先回分はまだ未完成ですが、そっちもそのうちまとめて完成させたいです。
今回は、まず表紙!
巨人の斧状態のでっかい足で、一歩を踏み出そうとする不敵な笑顔のルフィ。
……早く立ち直ってくれることを願うばかりです。
どうでもいいが、この足で、ジャンプの海賊マークとブリーチの一護さんが踏みつぶされてるように見えるのは気のせい?


頁をめくると、ストロングワールドの「応援ありがとう」広告。
まだ上映されてるとこもあるのかなー。
余談ですが、こちらに、映画の色彩設計をされた方が、その過程についてコラムを連載されてます。面白いので、ご興味がある方は是非どうぞ。

で、巻頭カラー!!!!!
今回は、空を飛ぶ龍の背中に寝転ぶ麦わらの一味。並びは、ルフィを手前に仲間入り順。
あたりには色とりどりの綺麗なインコだかオウムだかが舞い飛び、ゾロの顔面を襲ったり、ナミさんの足やらロビンの手に止まったりしてます。
……どうでもいいけど、ブルックさんはこの絵面、シャレにならんなあ(笑)。鳥葬かい!
そして個人的には、ルフィの着てる「ドスコイパンダ」ブランドの青いシャツに萌えておきます。
※ドスコイパンダは、サンジさんのご贔屓ブランドです。
※ちなみに、ルフィとゾロはクリミナルブランドが好きっぽい。……というか、麦わら男衆の服はサンジさんとウソップが見立ててるはずだから、クリミナルが好きなのはウソップかもしれない。
※更に蛇足ですが、クリミナルブランドはヒトデのパッパグがデザイナーを務めるブランドです。





第578話「新時代へ贈るもの」


「本部基地が崩壊するぞ~~っ!!持ち場を離れろォ!!もうダメだァ~~っ!!」
逃げ惑う海兵達。
持ち場を離れても、もうさすがに粛正はされまい…。赤犬は今忙しいしな。
「何百年もこの世界の海を守り続けた正義の要塞が、何て姿に…!!」
偉容を誇った海軍本部は、もはやただの瓦礫の山。

何百年も、か。
ということは、大海賊時代以前から海軍はあったわけだよな、あたりまえだけど。
インペルダウンとかもあったはずだし。
……しかしいいかげん老朽化もしてたんじゃないのか。


「火拳のエースを捕まえてこの戦争の引き鉄を引いた海賊黒ひげが、白ひげの能力を手に入れた…!!…どうなるんだよォ…この世界!!」
シャボンディ諸島でスクリーンを見守る人々は、愕然とした面持ちだ。


「ゼハハハハハ!!」
響き渡る笑い声。
海兵も、海賊も、言葉もなく睨みつける。
戦場のただ中に立つ、黒いひげの男。
「力が!!…体の中から湧き上がってきやがる…!!なんてすげェ能力だ!!この世の全てを思い通りにできそうだ!!…どれ手始めに…このマリンフォードでも沈めて行こうか…!!」
力に酔い、狂気の笑みを見せるティーチに、海兵達が色めき立つ。
「なにを…!!」

「……」
だが。
「ん?」
黒ひげが、気配を感じて振り返った、そこには。

「!!?」

巨大な鋼鉄の仏像が、手から衝撃を放ち、黒ひげとその一味を弾き飛ばす。
悲鳴を上げ、木っ端のように飛ぶ黒ひげ一味。
「くゥっ……!!衝撃波…!!」

「要塞なら…また建て直せばいい…」
静かな、だが力を含んだ声が、戦場に響く。
「しかし…ここは世界のほぼ中心に位置する島、マリンフォード。悪党共の横行を恐れる世界中の人々にとっては、ここに我々がいる事に意味があるのだ!!仁義という名の正義は滅びん!!!軽々しくここを沈めるなどと口にするな、青二才がァ!!!」

海軍元帥、仏のセンゴクの、凄まじい迫力に、さしもの黒ひげも怯む。
だが、それでも彼はまた、凶悪な笑みを浮かべる。
「…ゼハハハ…じゃあ…オイ…守ってみろよ…!!!」

センゴクさん!ようやく輝くときが!かっくいい!!!
……しかし、どう考えてもアラフォーからアラフィフな黒ひげを「青二才」はさすがにないんじゃないすか。
白ひげ72で、センゴクさんも同じくらいとすれば、ティーチとの年の差は20~30くらいか。……青二才……はさすがにきつくないですか。


「イナズマさん!!」
「イワ様ァ~~!!」
ニューカマーズの悲鳴が響く。
海軍大将赤犬に挑み、ルフィを守ろうとした二人は、マグマに灼かれて倒れたのだ。
「この…!!」
必死に銃を撃つ海賊達。だが、赤犬はそれを、ハエがとまるほどにも気に留めない。
「ジンベエ…渡さんかいドラゴンの息子をォ…」

え、頼まないんじゃなかったっけ?
…命令だからいいのか?

ジンベエはひたすら、ルフィを抱えて逃げる。
「海へ出れば、わしの土俵じゃ!!逃げきれる!!」
だが、彼の下駄が湾岸を蹴り、海へ飛び込んだと思ったのもつかの間。
見下ろせば水面は、固く凍りついた一面の氷原。
「…!!しまった…!!氷か!!!」

その姿を遠く見て、大将青キジが片手を振る。
「すまんねジンベエ…」

悲鳴と、マグマの沸き立つ音を引き連れて、ジンベエの背後に赤犬が迫る。
「来たか!!」
ものも言わず、寄せてくる赤犬の腹に一発入れるものの、ロギア相手には何のダメージもない。
「ダメじゃ…!!…」

咄嗟にジンベエができたのは、ルフィを胸に抱えて守ること。
しかしマグマはその彼を背から貫き、ルフィの胸を焼き抉った。

「ジンベエ!!」
仲間達の悲鳴。

声もなくルフィはがくりと首を垂れ、ジンベエは苦悶の呻きを上げる。
「…!!ジンベエを貫通して、エースの弟を!!命あんのか!!?」

氷の上に落下したジンベエとルフィを追って、赤犬もまた氷の上に飛び降りる。
「邪魔しよるのう、ジンベエ!!」

だがジンベエは、敵の方を見向きもしない。
己の傷をも顧みず、彼はまず、友から託された弟、自分の命をかけて守ると誓った少年の傷を案じた。
「ルフィ君…ハァ、すまん!!…!!更なる傷を負わせた…!!」

「おどれ人の心配しちょる場合かァ…!!貴様が邪魔でちょっと外したかのう…心臓を貫けば楽じゃったろうに。なァジンベエ、胸の抉れたそいつをまだ守るんか…直死ぬぞ」
赤犬が、ルフィを抱きしめたジンベエに歩み寄る。
その、瞬間。

突如として氷が割れ、砂が吹き出す。
砂の刃は、赤犬の体を真二つに割った。

「ん…!!」
もちろん、ロギアである赤犬にそんな攻撃は通用しない。
だが、その注意をしばし逸らす役には立つ。

赤犬が振り返る、その背後に立つのは、葉巻をくわえた男。
「クロコダイル!!」

「砂嵐(サーブルス)!!」
巻き起こった竜巻が、ジンベエとルフィを宙に飛ばす。
「誰か受け取って、さっさと船に乗せちまえ!!!」

思わぬ援護にたじろぎながら、海賊達が「おう!」と頷く。

「クロコ…ダイル…!!」
かつての同僚にして宿敵の意外な行動に、宙を舞いながら目を瞠るジンベエ。
その彼を睨みつけて、クロコダイルは叫ぶ。
「守りてェもんはしっかり守りやがれ!!これ以上こいつらの思い通りにさせるんじゃねェよ!!!」

しゃ…社長!!!!!!!
ちょ、ま、社長!!!
……白ひげが殺されたことが、やはりショック…なんだろうな、たぶん。
だからせめて、白ひげが望んだように、味方してくれてるのか…?
しかし……いいツンデレだ社長……。


宙を飛ばされたジンベエ(withルフィ)を、空中でがっしり受け止めたのは。
「どわー!!何か飛んできたァ!!」
いつのまにか海軍コートを着込んだバギーだった。……アレ、いつから着てたっけこんなん(笑)
軍艦で着替えを借りたんだっけか?
いやまあそれは今はいい。
何という偶然であろうか、宙を飛んで逃げようとしていたバギーに、ジンベエ達はもろにぶつかって、空で止まる形になったのだ。
受け止める準備をしていた海賊達は唖然。
そしてバギーを追っていた親衛隊の皆さんは茫然。
「ええ~~!??キャプテン・バギー!!麦わらとジンベエを助けた!!」
「あ?」
「…!!あんた逃げると見せかけて、脱獄の同志麦わらを助けるなんて、尊いよォ~~!!アンタ尊くて!!眩しいよォ~~!!!」
「は?」

…相変わらず、バギー親衛隊の視力と聴力と判断力にはフィルターかかりまくりだな。愛しい。

なにがなんだかわからんうちに、重いものがのしかかって止まったバギーは、下の騒ぎを聞いて、ようやく自分の状況を把握した。
「うおーっ!!ジンベエに麦わらァ!!?どういう経緯で血塗れで宙を飛んできやがったんだお前ら!!」
だが、そんなこと言ってる場合ではない。
地上からは、マグマが拳の形をとって、バギーごとジンベエとルフィを狙う。
「ギャー!!マグマ~~!!??」
行きがかり上、二人を抱えたまま飛んで逃げるバギー。
その腕の中で、ジンベエが息も絶え絶えに囁く。
「…すまん、赤鼻のォ…助かった。しかしルフィ君に深手を…負わせてしもうた。すぐに手当てを…」
「何だか知らねェ、うるせェよ!!助けて欲しいのはおれだバカ野郎!!手当てなんかこんな所で……だれが赤っ鼻じゃクラァ!!」

…あ、その設定生きてたのねバギー(笑)
しかしジンベエさん、命の恩人(一応)なんだから、正しい二つ名で呼んであげてください。
彼はこう見えても、「道化の」バギーという二つ名持ちなのです。

…どうでもいいが、所長は今、ワンピースモバイルサイト「モジャ」の新RPG「クロニクル」をやっています。
ちょうど今、ナミとの出会いあたりをやっているので、バギーがボスキャラです。
…そういえばこの頃はかなり憎たらしかったよなあ、と改めて思い出したりして。
今はこんなに癒しなのに。


地上では、赤犬が新たな敵と対峙していた。
「揃いも揃って…あの麦わら小僧の為に命落としたいんか」
応えるのは、五番隊隊長ビスタ。
「おれ達は全員…あいつの持つ底知れねェ執念と、力を目の当たりにした…エースが守り…オヤジが認めた男を、おれ達は新しい時代へ送ってやる義務がある!!」
「お前らともあろう者らが…大層じゃのう、白ひげ海賊団!!」
ずらりと並ぶ、白ひげ海賊団の隊長達、そしてクロコダイル。
青い炎をまとい、進み出るは一番隊隊長マルコ。
「赤犬…!!お前が今殺しておきたいと思うあいつの危険度と、おれ達が生かしてやりたいと思う大層な期待値は同じじゃねェのかよい!!」


抱えた体が重くなったのに気づき、バギーは声をかける。
「オイジンベエ、お前気ィ失ってねェか!!?お前コレどこ行きゃいいんだよ!!!」


「もはや言葉で始まるモンじゃありゃあせんのう…好きにせい!!」
赤犬と、海賊達の激突が始まる。


「うわああ、あっちじゃセンゴクと黒ひげ、こっちで赤犬と隊長達!!戦いが終わらねェよォ~~!!キャプテン・バギー!!何とかしてくれ~~」
親衛隊たちの悲鳴に、「知るかアホー!」と返すバギー。気持ちはわかる。


そんな中、突如として海の中から現れたのは、一艘の船。
「何だ、海の中から…船!?」
「…!!?潜水艦!!?誰の船だ!!?」
船腹には、稚拙な線画のような海賊の印。
歯を剥いて笑う円状の髑髏に、周囲から六本の釘を打ちつけたような形の。

ガコ、とハッチを開けて現れた男は、空中のバギーに呼びかける。
「麦わら屋をこっちへ乗せろ!!」
「ム・ギ・ワラヤ~~!?あァ!?てめェ誰だ、小僧!!」
バギーの誰何に、男は堂々と応える。
「麦わら屋とは、いずれは敵だが悪縁も縁。こんな所で死なれてもつまらねェ!!そいつをここから逃がす!!一旦おれに預けろ!!!」

毛糸の帽子、短く刈った髪、目の下に隈のある不健康そうな顔。大きな剣を肩に負い、船腹の海賊旗と同じ印の服を着た、まだ年若い男。
その背後には、しかつめらしい顔をした白クマや、顔に刺青のある大男が従う。

「おれは医者だ!!!」

十一人の超新星。
ハートの海賊団船長、「死の外科医」トラファルガー・ロー、見参。


以下次号。


なんかものすごい数の拍手にビビっています。ありがとうございます。
拍手メッセージもまたいただきました。そのうちにまた記事立てしてお返事します。
その後、サーチさんとの連絡とか、水面下では少しずつ作業していますが、その分更新がトロくて申し訳ありません。
まあ私がトロいのはいつものことではあるのですが。

ところで水曜になってしまったので、そろそろ油断するとネタバレを見る頃かなあ。
私は今のところ確定情報は目にしていないので、今のうちに書いてしまわねば(笑)


上記のあらすじを書いたあと、友達とメールをしていて、初めて帽子のことに気付きました。
赤犬の攻撃を食らった時点でルフィの帽子が落ち、その後クロコダイルにすっとばされたので、ルフィは帽子を置き去りにした状態になっています。
今までも、アラバスタやらアマゾンリリーやらインペルダウンやらで、ルフィが帽子と離れることはありましたが、一件落着後に誰かの手を経由して戻るのがお約束……とはいえ、「おだっちの目的はルフィを一度壊し尽くすことではないか?」と予想している私としては、「まだ剥ぎ取る気かおだっち!」という気がしないでもないです。
しかも落ちた下では、マグマ対隊長ズ(+クロコダイル)の大決戦。うっかりすると燃えたり踏まれたりしてぐっちゃぐちゃになりそうです。
……まあ、ここにいる隊長達は間違いなく、エースの「弟自慢」の洗礼をくぐり抜けてきている人たちだから、この帽子がどういう由来で、どのようにそれをルフィが大切にしていて、うっかり他人が触ったりするとバーサークしかねない、というようなことは知ってるだろう。気がついたら、たぶんちゃんと保管してくれるとは思う。
クロコダイルだって、ルフィの二つ名が「麦わら」なのは知ってるはずだから、シンボルマークだとわかれば拾っといてくれるだろう……いや待て、リッチな社長のことだから、「新しいの買えばいいじゃんw」とか思ってたらイヤだな(笑)
とりあえず壊されたり燃やされたりさえしなければ、あと海軍や非友好的な七武海に拾われたりしなければ……なんとかなりそうだけどなあ。

とか言ってたら、某所で、「誰が帽子を届けるかは気になるけど、個人的にはシャンクス希望」という発言を見ました。

!!!!!!
以前、正義の扉は誰が開けた?という考察をしていたときに、「シャンクスの可能性もあるけど、ルフィとの再会は物語終盤になるだろうから、今はまだ出番じゃないだろうなあってか出られないだろうなあ」と書いた覚えがあります。
しかし、今なら。
ルフィが完全に壊れ、大怪我を負い、状況を認識することのできない今なら。
……シャンクスがその顔をのぞき込んでも、それを理解することもできないだろう今なら。
ルフィとシャンクスの顔合わせは、あり得るかもしれない。
物語の始まりがシャンクスの帽子であったから、物語の終焉もまた、シャンクスの帽子であるべきだと私は考えているが、その折り返し点で再会とも言えない再会を果たすことは、今のルフィの状態からならば可能だ。
壊れ果てたルフィにまた帽子を託し、新たな道を示すことは、あり得るかもしれない。
もうこの状況では、誰が登場してもおかしくはない(除く麦わら一味。さすがに連中が出て来たら、生死にかかわりそうだ)。

……しかしもしそうなったら、シャンクスと会わせるためだけに、時間をかけて念を入れてルフィを壊した、ってことになるな。おだっち、マジどS。




センゴクさんの能力は、なかなか正体が判らないですねえ。
衝撃波を放つときの効果音が「ゴーン」で、「さすがに仏だけあって鐘の音か」と言われておいでのご様子ですが。
巨大化、仏像化、そして衝撃波。……昔、「仏像と銅像が喧嘩しました。どっちが勝ったでしょう」っていうクイズがあったなあ……とか、無意味なことを思い出してみる。センゴクさん、どうせなら鉄拳を振るってくれたら更に惚れたのに(笑)
や、私、センゴクさん相当好きなのですがね!
しかし、黒ひげは物語上、ここでは終わらないだろうしなあ。マゼランさんに続いてセンゴクさんまで失脚とかならないように祈りたいところです。
…あれ、そういえば抑えてたはずのガープはどうした?
「おさえていないとわしはサカズキを殺す」とか、口で言える程度には冷静さが残っていたはずだから、いきなり赤犬を襲いに行ったりはしてないと思うんだけど。
本当にキレてたら、そんな自己分析はできないよね…。そういうところで激情のままに動けないのが、じいちゃんがルフィより勝っているところでもあり、不自由なところでもあるんだろう。



マルコの言う、「危険度」と「期待値」。
これも面白いですよね。
赤犬にしろ、白ひげ海賊団にしろ、見たものは同じ。
まだまだ弱いルーキーでありながら、戦場を引っかき回し、戦況を何度もひっくり返したルフィという存在の持つ、器の大きさ。
白ひげ海賊団はそれに、「エースの弟」という付加価値を加え、赤犬は「ドラゴンの息子、ガープの孫」という付加価値を加えていますが、いずれにしろ、ルフィがただならぬ資質を持つ者だということは、衆目の一致するところであるわけです。
海軍から見れば「災いをもたらすもの」、海賊から見れば「希望を受け継ぐもの」。
見えたのは同じものなのに、立場が違えば、意味は百八十度変わってしまっています。


あとはまあ、クロコダイルの心情だの、バギーの出世街道だのについては上記でそれなりにふれたのでおいとくとして。
本日のサプライズ、トラファルガー・ロー!

ところでちょっと気になったのですが、「海賊」「海軍」以外の職業の人で、今までこの物語に一番多く登場したのはもしかして医者ではないでしょうか。いや、コックと大工もいっぱいいたけど、あれは半分モブだし(苦笑)。
名前があり、それなりに読者の意識に残っていると思われる医者キャラクターとしては、チョッパーはもちろんとして、くれは、ヒルルク、クロッカス、ドクQ、ホグバックがいます。他にも地味ですが、ナミの島にいた医者(ナミの刺青を改造/ゾロを全治二年と診断)とか、白ひげの船の船医(ルフィの手当て/エースが倒れた時駆けつけようとした)とか、美食の町の医者(ルッチを治療)などもいます。チョッパー以外はあんまり若くないというか、見た目も残念目な人が多いですが、まあ医者という職業柄、経験があってナンボともいえます。
そんな中にあってひときわ輝く、若くてわりとイケメンでしかも医者なトラファルガー・ロー。人気投票上位も頷けます。
しかし彼の問題は、確かにイケメンなんだけど、どこか病的というか、ぶっちゃけ変質的な印象が否めないということだ…。目の下のクマのせいかな。
さておいて、先回彼が出て来たのはいつだっけ?と思って検索してみたところ、565話で登場していることがわかりました。時期的には映画公開寸前、タイトルは「オーズの道」。スクアードに白ひげが刺されて中継がぶちきれた直後に、ローが部下に向かって「船を出すぞ」と声をかけているシーンがあります。
……とすると、なんだ?いかにもすべて分かってます、みたいな顔して、「麦わら屋をこっちに渡せ」とか言ってるけど、あの人実は、その後ここで何が起こったかとか知らないんじゃね?
なんか白ひげが大けがしたみたいだし、大丈夫かなーと思ってのぞきにきて、ハッチを開けたら、焼け焦げたルフィが目の前で空飛んでた、みたいな。
まあ中継はその後復活してるから、中継会場に電伝虫を持った部下を一人残して報告させるか、あるいはこの戦場の誰か(巷では、マークの類似から、彼がドフラミンゴとつながってるという噂があるっぽいですね)から黒電伝虫とかで情報を貰っていれば、ある程度状況はつかめるかもしれないけど。
噂と言えば、彼が「ハートの海賊団」で、エースがかつて「スペード海賊団」だったことから、兄弟海賊団ではないかという噂もありますね。だとしたら、兄弟分を助けるために駆けつけたという可能性もあるけれど、それならそれで、中継切れるまでのんびり見てないでもっと早く動けよ!という気がしないでもない。
ま、いずれにしろ来週の情報待ちで。

ところで、「十一人の超新星」、残りの九人のうち、ここに来そうなのは他にいるかな?
565話を見返してみると、
・キッド&キラー→海軍のやり口に反感がある、ルフィとの「悪縁」がある
・アプー→純粋に好奇心から、戦争に興味があり、海軍の陰謀を感じている
・ドレーク→意志不明
・ベッジ→白ひげと因縁がありそう
・ウルージ→どこかへ向かう描写有り
・ホーキンス→戦争の行く末には興味があるようだが、ケツは重そう
・ボニー→白ひげ海賊団と縁がありそう
・ついでにゾロ→ペローナさまと蜜月
……って感じか。ホーキンスとゾロ以外、誰が来ても驚かないなあ(笑)



今週の情報整理(新情報は)。

・エース→死亡、ビブルカード消滅。


白ひげ一味以外の海賊等
・ルフィ→精神崩壊。
・ジンベエ→ルフィを守りつつ、赤犬によって重傷を負う。
・イワさん→髪の中から秘密兵器イナズマ発動。
・バギー→クロコダイルにすっ飛ばされたジンベエ&ルフィをキャッチ、救助。
・バギー親衛隊→放送網を乗っ取り返し、中継再開。
・3→海賊たちに救出され、マルコの錠を外す。
・1→社長命令によりミホークからルフィを救うものの、瞬殺されかけクロコダイルに救われる。
・キャンディーズ→(一部)ミホークに挑み瞬殺される。
・イナズマ→イワさんの髪の中から華麗に登場、処刑台まで懸橋を造る。
・黒ひげ一味→マリンフォードを壊す大暴れ、センゴクと激突。


七武海
・ミホーク→ルフィを狙うが1とクロコダイルに阻まれる。
・モリア→クリエルと対峙。
・ドフラミンゴ→クロコダイルにヤンデレる。
・ハンコック→パシフィスタを破壊しまくりつつ、戦桃丸にのろける。
・くま→イワさんと全面対決。
・ジンベエ→上記。
・黒ひげ→上記。
・(旧七武海)クロコダイル→デレ期全開。ルフィとジンベエを砂嵐で飛ばし、赤犬から守る。

四皇
・白ひげ→ワンピースの実在を公言しながら、黒ひげの手にかかり立ち往生。
 ・白ひげ隊長ズ&新世界の海賊ズ→エースの家族=自分たちの家族理論で、ルフィをガード。
・赤髪→カイドウの動きを牽制。
・カイドウ→白ひげの手薄を狙って動きだそうとするが、赤髪に牽制される。
・???

その他海軍
・センゴク→黒ひげと対峙。
・大将ズ
 ・青キジ→兄弟に攻撃するも、エースと拮抗。
 ・黄猿→エースの手錠の鍵を破壊。
 ・赤犬→ジンベエの体に風穴を空け、ルフィを傷つける。
・中将ズ
 ・モモンガ他→二~三式披露しつつルフィからダウンを奪う。
 ・つる→能力発揮。
 ・ガープ→情と義に葛藤、赤犬への殺意を無理矢理抑える状態。
 ・オニグモ→マルコに海楼石の手錠をはめるのに成功。
・その他、下士官等→悲鳴係とハンコック&敵にやられ係。
 ・コビー→ルフィの本気顔面パンチ一発でリタイア。
 ・ヘルメッポ→びっくり続行中。
 ・ヒナ→檻でルフィを狙うが逃げられる。
 ・スモーカー→十手を折られる。
 ・戦桃丸&パシフィスタ→大暴れ。パシフィスタ数体がハンコックに破壊される。戦桃丸はハンコックに東の海のことわざを教わる。

インペルダウン組
・2→インペルダウンに残り、正義の門を開く。再び獄に。
・マゼラン→2以外の脱獄囚達を取り逃がす。任務失敗。20年前は副署長。
・ハンニャバル→ルフィと対戦後、黒ひげにとどめをさされる。20年前から野心バリバリで、マゼランに頼ってた。
・サルデス、サディ他→レベル4にて麦わら他に敗北。サディちゃん背骨に負傷するも、獄卒獣をレベル1へ急行させる。
・他の囚人の皆さん(レベル6の囚人など)→潜在的戦力だが完全未知数。

その他海賊
・麦わら一味→流刑地で各自サバイバル中。
 サンジ、オカマ化完了。
 ロビン、反乱軍と合流。工事現場壊滅?
 フランキー、ベガパンクの生家を訪れる。
 ウソップ、肥大化完了。
 チョッパー、鍋から逃げ延びる。
 ナミ、ウェザリアの商売を見る。
 ブルック、作曲開始。
 ゾロ、謎の影に狙われる。
・ルーキーズ→全員捕われていないことが確定。
 ・ロー→マリンフォード出現、ルフィ引き取りを申し出る

その他キーパーソン
・ドラゴン及び革命軍→一切動向不明。ただし、エースの処刑についてはおそらく知っているものと思われる。また、イワさんなどとの関わりがある。革命軍は、奴隷解放などの地道な活動中。
・ダダン→生存中と思われるも、性別、地位、現在地、その他不明。口が悪い。どうやら男性?
・ロジャー→白ひげと呑み友達であったことが判明。
・レイリー→シャボンディ諸島で中継を見物中

(こっそり)
ロールか…!いいなロール!
あとクロコ×ルも捨て難い輝き。

しかしジンベエさん×ルフィはあまり想像がつかないなあ。あまりにお父さんだからだろうか。


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 漫画ブログ 連載本誌感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. MIYE | URL | -

    コメントお返事

    >βoβuさん(0-4 三等兵)

    ぐーてんたーく。
    ご昇進おめでとうございます!

    ローが来た理由はまだわかりませんが、個人的にはルフィとの悪縁メインが希望です。
    ローも好きなんで、あんまり裏事情とかあってほしくないな。

    ローからシャンクス、そしてドラパパまで来ちゃったらマジに満員御礼ですねw
    ドラパパ的(というか反乱軍的)に、今が好機なのは間違いないと思うのですが。

    ローが反乱軍か。…それも可能性はありますね。
    ルーキーズはいろいろ謎が多いからなあ。そこがいいんですが。


    >nomadさん(0-3)

    お祝いのお言葉ありがとうですv
    そういえばタイミング良かったな!

    黒ひげと黄猿の対決は、確かに見てみたいですよね。
    どちらかというと闇の方が圧倒しそうな気もするのですが。
    じいちゃんはまだ、本腰入れて戦う気にはなれないだろうなあ。赤犬をマジに殺しにも行けないだろうし。

    デレの知識が増えたご様子で、おめでとうございます(笑)
    あれほどよいツンデレはめったに見ないので、ここで堪能しておかれると良いかと思います。
    社長は、もう白ひげ残党に紛れて一緒に旅立てばいいよ、新世界に。

    ローはそういえば死の外科医か。……メンタルケアは専門外っぽいなあ。そのあたりは、ベポちゃんのアニマルセラピーに期待。


    >ゴムメラ兄弟さん(0-8)

    引っ越し祝いありがとうございます!

    赤犬さんに降る雨は、ちょっと見てみたいですね。ジュージュー蒸気を噴き上げそうだ。
    ていうかこの戦場、大雨降ったら無力化する人結構いませんか?社長とか。

    ハンコックとの再会説は初めて聞きました。みんなハンコック好きだなあ。
    私も彼女は好きなんですが、ファンの一部の中には、何かにつけてハンコックと結びつけたがると言うか、彼女を過剰に持ち上げる傾向がある方がいるような気がするなあ。やはり美人だからか。
    ハンコックは、帽子については多分理解してないでしょうね。船室で一緒に過ごした三日間で、何か話してるかもしれませんが、彼女がピンクドリーミング状態だったから覚えてるかどうか。
    個人的には彼女には、そろそろちゃんと自国を守ることを考えて欲しいんだけどなあ。今のままじゃ、結婚詐欺師にダマされて会社の金を横領するOLとやってること同じだし(苦笑)

    社長とバギーはいいよね(笑)!


    >kさん(0-1 海軍船雑用)

    はじめまして、ようこそ弊研究所へ。
    ……すいません、なんかお名前に覚えはある気がするんですが、コメントいただいたのは初めて…ですよね?
    もし違ってたら、文句つけてください。

    とりあえず、お祝いのお言葉ありがとうございます。

    センゴクさんの能力は、衝撃波と言ってるし、攻撃範囲から見ても、六王銃よりは強いっぽいですね。
    特に技名を叫んだりしてないところをみると、体術の極みで、能力ではないのかもしれません。

    ルフィの帽子は、ああいうことになりましたね(笑)
    一番持つべき人の手に渡ったというべきか。

    ぐたぐた、全然OKです。
    また是非お話ししてください。


    >虎っちさん(0-1 海軍船雑用)

    はじめまして、ようこそ弊研究所へ。
    引っ越し祝いもありがとうです!
    以前からおいでいただいていたとは、光栄の行ったり来たり。

    白ひげさんに惚れた気持ちはよくわかります!
    そう、あの白ひげさんと同じ実を食べただけで、黒ひげに同格ヅラをしてもらいたくないですよね。
    能力は同じでも、まだまだスキルは違うはず!
    その証拠に、白ひげさんは周辺の島に被害はほとんど及ぼしてない!

    まあ、黒ひげは今後の活躍キャラだと思うので、ナントカ逃げるとは所長も思いますが(苦笑)

    ガープとエースは、今週登場しましたね。無事そうで良かった。

    不備とかはないですよー。少なくともウチでは、ネタバレと、最低限の礼儀さえ気をつけてもらえれば問題ないです。
    これからもお気軽にどうぞ!


    >海さん(0-25 中尉)

    お久しぶりです、海さん!
    お気づかいありがとうです(笑)

    まあ究極を言っちゃえば、確かに主人公補正で何とかなると思うけどねw
    天竜人かあ。黄猿のオジキがなかなか本気出さないのは、ルフィを生きたまま天竜人に引き渡すためだと思うんだけどねえ。

    ご来訪を楽しみにしてますv


  2. βoβu | URL | -

    Hello.所長。
    βoβuです。


    ローが来ましたね~!
    まさかとは思いましたが…
    本当に悪縁なんて理由でこんな危ないところに来たのでしょうか?
    別な理由がありそうですよね。


    てか、ドラパパは来るのでしょうか?
    イワさんがエース奪還前の船でドラパパは家族を見捨てない的なことを言っていたので期待はしているのですが…

    …まさかローはドラパパのおつかい!?
    ぃゃ、なんとなくですが…なくもないような(-_-)


    個人的にはシャンクスが大歓迎です。

  3. nomad | URL | -

    大きな一歩!!

    所長様、ご移転おめでとうございます!
    今週のジャンプ表紙の、船長の「大きな一歩!!」がリンクしていて、何か嬉しくなりました。

    また色々ありましたが個人的に、最近登場していないガープじいちゃんと黄猿の動きが気になります!
    闇に対しての光は、やはり飲み込まれるだけでしょうか。唯一の弱点の様な更なる絶望の様な。
    しかし、じいちゃんの底はまだまだ見えていないので楽しみです。
    まぁセンゴクさんが怒りまくってるのでまだ出番はなしかな。笑

    クロコは何か、デレというものを教えてもらってるなーと感じました。笑。社長!笑
    赤犬が「お前らともあろう者らが…」と言っていた場面に、社長も妙に入り込んでいたのが何か印象的でした。

    ローの再々登場に燃えました!これを筆頭に、超新星が集まって欲しいです!そして、とにかく船長の回復が急がれますので、"死の外科医"に期待ですね!

  4. ゴムメラ兄弟 | URL | -

    お久しぶりです所長。
    お引っ越しご苦労様です。

    今週も目が離せない展開になってきましたね。

    まず赤犬の能力は本人の性格も相まって恐ろしいですね。
    というか、抉るとか貫通って…(汗)
    いっそのこと大雨でも降ってくれれば…

    ルフィの麦わら帽子についてはハンコックとの再開の伏線と考えられている方が多いようなんですが、ハンコックが帽子の大切さをどこまで理解しているのかが疑問なところです。

    社長とバギー(笑)の素敵さが留まるところを知りません。

    ローについてはまた次回で色々解ると思うのでいまはとりあえず置いときます。

    記事の更新を楽しみにしています。

  5. k | URL | -

    引っ越しおめでとうございますー。

    センゴクさんの能力はルッチさんの六王銃の上位互換的なもの?
    大将たちが使ってるのもそれかなーなんて思ってみたり。

    ルフィの帽子はどうするんだろう…。蛇姫さんがなんとかしてくれないかなー。

    ぐだぐだですいませんー。

  6. 虎っち | URL | I4gOIbVA

    初めまして

    所長さん、初めまして♪
    引っ越しおめでとうございます

    昨年の秋くらい(?)にこちらのサイトを知ってから、毎週楽しませていただいてます(*^-^)

    ワンピース、本当に毎週目が離せませんね。

    センゴクには黒ひげを打ちのめして欲しいです…
    強力な悪魔の実の能力を奪ったら、即最強だなんて、何だか悔しい。
    白ひげの漢っぷりに惚れ込んでしまった自分としては、
    白ひげは単にグラグラの実を食べたから最強だったわけでなく、
    グラグラの能力を手にしたのが彼だったからこそ、最強だったと思いたい
    (わかり辛くてすみません)

    とは言っても、展開的に考えて黒ひげはこれからのキャラなので、負けないでしょうね(^_^;)

    て言うか、エースの仇が登場しているのに…ガープは?
    まさか、まだ押さえつけられてるんでしょうか
    一番自由に戦場を駆け回れそうな黄猿も最近見ないし



    サイトに書き込みって殆どしないので、何か不備があったらすみませんf^_^;
    これを機にコメントもして行きたいな…と思いますので、良かったらこれからも宜しくお願いしますm(_ _)m

  7. 海 | URL | -

    こんちわ (´∀`)ノ

    無事に引っ越し終えられた様ですね~

    お疲れ様でした

    色々と忙しい+引っ越し作業で大変そうだったし
    更に手を煩わせるのも何ですしコメントを控えとりました


    ようやく落ち着いた様ですし、コメントに来ました♪


    僕はルフィの事に関しては心配しておりません

    ロマンの無い言い方になりますが、、、

    だって主人公補正で何とかなる筈ですからw

    きっと新世界に入る前に飛躍的な成長を遂げるのでしょう

    そこで気になるのが‘天竜人’の存在アマス!


    エース奪還時&今後も深く関わってきそうな2人
    (ジンベエ+ハンコック)

    多少なりとも天竜人とは因果関係ありそうですからねぇ



    ではでは


    また以前と同様に今後も遊びに来させて貰いますね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://captainluffy.blog58.fc2.com/tb.php/236-e014c1c4
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。