--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ONE PIECE』第0話ネタバレ

2009年11月28日 22:21

所長っす。
とーりあーえずー。

本編ネタバレは、後日改めて更新予定です。

ネタバレを望まない方は立ち入りをご遠慮いただく方が安全です。
ただ、できるなら、来週号のジャンプはなんとしても入手をお勧めいたします。
映画に行かれない方、映画に行くかどうか迷っている方は特に。


第0話『ストロング・ワールド』

扉絵、雪の降りしきる中、黒装束に銃を構えた麦わら一味(ナミのみ不在)。
いやにサマになっているサンジやゾロやフランキーに比べ、ウソップのヨロイ姿はちょっと癒し。
そして一番癒しなのは、そんな中でも陽気さを忘れないブルックさんだ。
チョッパーは…いやにモコモコだなあ(笑)なんか、誰かに似てるような気がする。
ロビンさんが黒が似合うのは最初っからわかってるとして。

ところで船長のコートとネクタイに私はやたら弱いのですが!
(そんなわけで、巷では大不評らしい新OP、私は好きです。船長のネクタイがたまらん)





大海賊時代幕開けより、約3年前。

……つまり、現在の時間軸から、約25年前、かな。

場所は海軍本部。
今しも鳴り響くのは警報の音、そして元帥「コング」を呼び出す放送。

『新世界エッド・ウォー沖にて、ロジャーと金獅子が接触を!!』
その放送に勇み立つのは、若かりしガープ。まだその髪は、半ば以上黒い。
「そら来た!」
マントを翻し、部屋を出ようとするのを呼び止める男。
「ガープ、待たんか!話はまだ終わっとらんぞ!!」
「あんたがそうでも、おれは終わった!!」
上司(コング元帥?)を気持ちよく無視して、襖を開き、廊下に出るガープ。

「ガープさん、また昇格ケッたんでしょ!全く、カッコイイな~も~」
声をかけるのは、クザン。傍らには、親友サウロの姿もある。
「自由にやるには、これ以上の地位はいらん。おつるちゃん、艦出すなら乗せてくれ!!」
声をかけられたつるは、露骨にイヤな顔をする。
「出撃要請出てないんだろ!?すぐに艦壊すから、やだよ、アンタ乗せるの」
「そう言うな、ロジャーの奴だけはおれが仕留めるんだ!!」

今まさに出航しようとする軍艦には、まだ帽子をかぶっていないセンゴクの姿。
「ガープ!シキの件はおれが任されてんだ、引っ込んでろ!」
「あー気にするな、手柄は全部お前にやるよ」
「そういう事じゃねェ!!」
そんな二人のやりとりを、憧れの目で見つめるのは、モモンガ達。
「うおっ!センゴク大将に、ガープ中将が揃って出るのか!」
「そりゃあロジャーだ…!ガープさんは放っとかねェ…!」


ここまでで、すでに情報量が濃すぎるんですが…!
やっぱりじいちゃんは、自由に動くために、わざわざ中将にとどまってるんだな。しかし、センゴクにはいろいろ貸しも借りもあるから、今もせんべいをたかったりできる関係である、と。
きっとセンゴクさんは、ガープの尻拭いをするのと、手柄を貰うのと、両方合わせて世話係をやってたんだろうなあ(笑)
しかしその男が、まさか宿敵の息子を隠して育てることになろうとは思いもよらなかっただろうけど。
あと、クザンは20年前にすでに中将だったから、そうだろうとは思ってたけど、モモンガさんも25年前から海軍本部在籍、しかもこの頃もうそれなりの地位っぽい。……現在、若く見積もっても45歳以上ってところかなあ。
それと、大物海賊には二つ名がつくものだと思うけど…「ロジャーと金獅子」ってことは、ロジャーには、この時点では二つ名がないのかな?
部下のレイリーは「海賊王の右腕」が二つ名だから、ロジャーが海賊王になってること前提の名前だし。
金獅子といい、白ひげといい、本名より二つ名の方が呼ばれやすいから、ロジャーの件はちょっと不自然だなあ…。
……あ、でも、ルーキーのトラファルガー・ローが「死の外科医」と呼ばれてるの見たことないしなあ。もしかしてロジャーも、長くて呼びづらい二つ名だったのかもしれない。



新世界。
うねる波の上、一隻の海賊船で、泣き叫ぶのはまだ若い…というより、幼さを残したバギー。
「ロジャー船長ォ~~!!命が一番だって!!ここは一つ、一時的に金獅子の言うこと聞いてさ!」
「お前、いくら切られても死なねェ体になったんだから、いいじゃねェか」
軽やかに返すのは、まだ顔に傷のない、麦わら帽子のシャンクス。
……ええと、現在が37だっけ?ならこのとき……12!?
バギーも同じくらいだよな、多分。……そんなお子ちゃまを乗せていいのかロジャー。
つか、のちに四皇になったシャンクスはともかく、バギーまじすげー。たとえビビリでも(笑)
「弱点はいっぱいあんだよ!!バーカ!!」
相方に吐き捨てたバギーは、助けを求めてあたりを見回す。目に映ったのは、船医クロッカス。
「そうだ、クロッカスさん、船長の容体はどうだ!?戦わねェ方がいいよな!ドクターストップかけてくれ」
「あいにくだが、絶好調だ」
コキリと首の筋肉を鳴らして、クロッカスは不敵に笑う。
傍らから、先輩のクルーも言葉を添える。
「諦めろ、長ェつき合いだが、おれ達がロジャーを止められた事はねェ!」
やむを得ず、バギーは最後の手段に走る。
「レイリーさん!」
だが無情にも、副船長シルバーズ・レイリーは平然と応えた。
「トムの船、オーロ・ジャクソンを信じろ!!」

「ロジャーには、もう時間がない…!」


対峙するのは、二人の大海賊。
葉巻をくわえた男…金獅子のシキは、ロジャーに迫る。
「この話は何十回目だ、ロジャー!若ェ頃にゃあ色々あったが、水に流そう!!お前が在り処を知る世界を滅ぼす兵器と!!おれの兵力!!そしておれが長い月日を費やして立てた完璧な計画があれば、今すぐにでもこの世界を支配できる!!おれの右腕になれ、ロジャー!」

……えーとつまり。
シキは、ロジャーが好きなのね(違)。
つか、ロジャーが欲しいんですな、色んな意味で。

しかし、このプロポーズを、やがて海賊王になる男はきっぱりとお断りした。
「おれは支配に興味がねェんだよ、シキ!!やりてェ様にやらねェと、海賊やってる意味がねェだろ?…どんな圧力をかけて来ようとも」
「お前の申し出は断る!!金獅子ィ!!」

大船団に向けて。
たった一隻の海賊船、オーロ・ジャクソンが立ち向かう。

……どうでもいいが、ロジャーの被ってるキャプテン帽子のデザインが素敵すぎなんですが。
ヒゲなげーよ。髑髏にヒゲをデザインするのが、大海賊のたしなみかよ!


「やめてー!船長~~!!コレ何十隻いると思ってんだよォ!!」
パニックを起こして泣き叫ぶバギーを、ネコの子をつまみあげるように「どけ」とどかすレイリー。


「つまりその答えは、今ここで殺してくれという意味だよな!!?」
シキの脅しに、ロジャーは堂々と返した。
「てめェら全員、叩き潰すって意味だよ!!!」


海賊大艦隊の大親分として知られる金獅子のシキと、後の海賊王ゴールド・ロジャーが激突。
世にこれを、エッド・ウォーの海戦と呼び、絶体絶命と思われたロジャーの船は、突如大きく荒れ狂う天候に救われ、結果、シキの大艦隊の半分を海に沈め、さらにシキに襲いかかった不慮の事故により、からくも痛み分けとなり、戦場を突破した。

ロジャー海賊団、見えるだけでもロジャー、レイリー、クロッカスが前線に立ってるが、たいへん悪そうな顔をしたシャンクスもその横に並んでいる。
おまえ、見習いの分際で(笑)


シキの事故、とは。
「どうだ?舵輪は」
声をかけたのは、シキの部下、ドクター・インディゴ。
船医は応えて曰く。
「抜けませんね…えらく深く食い込んでいて、無理に抜けば命に関わる」
「そうか…」
おお、なんという悲劇であろうか。
なんとシキは戦争のどさくさの最中、こわれた舵輪が、まるでニワトリのとさかのように、頭頂部から後頭部にかけてぐっさりと刺さってしまったのだ。
余談だが、現実にも鉄棒に頭を貫かれたけど奇跡的に生きてた、とかいう奇談があるので、ありえないとはいえないが、相当強運だなシキ(笑)
そしてさすがの大海賊、シキは少しも慌てず。
「まあいい、よくある事だ」
「戦闘中、うっかり舵輪が頭にめり込んで、抜けなくなる事はそうそうありませんよ。しかしその生命力はさすが」
「そりゃ、おれは獅子に例えられるほどの男だぜ」
立ち上がったシキは、ふと鏡をのぞく。
「あれ?あそこに鶏が」
「おめェだよ!!」
スパァン!と、みごとなツッコミを決めるインディゴ。
「ハイ!」
完璧にポーズをとるシキとインディゴの姿に、船医は絶句するしかなかった。

……うん。
つまりシキもボケで、部下とはうまくいってる、ってことですね。



2年後。
つまり現在の時間軸から23年前。

ロジャー海賊団はついに、不可能と言われたグランドライン制覇を成し遂げ、ゴールド・ロジャーは海賊王と呼ばれる様になる。
その後、ロジャー海賊団は謎の失踪。
それからさらに1年が過ぎた頃。

……つまり、現在の時間軸から22年前。

海賊王逮捕のニュースが、世間をあっと驚かせる。


「ロジャーが…捕まったァア!!?ウソをつけェ!!そんな事が信じられるかァ!!あいつがどれ程強ェ男か…!てめェら、知ってるハズだぞ!!」
シキは荒れ狂い、報告をした部下を撃って、いずこかへ飛び出す。


警報。
雨に濡れる海軍本部に、侵入者の存在が告げられる。
場所は、マリンフォード湾岸の広場。
敵の数は、たったひとり。

『敵は、金獅子のシキ!1人!!』

海兵の死体の山を作りながら、シキは叫ぶ。
「ロジャーが、てめェらみてェなカス共に捕まるハズがねェんだ。このおれが認めた男だぞ!!海賊王!?それが何だ!!あいつがおれに手を貸せば、おれ達は全世界を支配できた!!適合する事はなかったが、あいつとは同じ時代をやって来たんだよ!!いるんなら連れて来い!!殺すなら、おれの手で殺してやる!!」

…シキ…やっぱりロジャーが好(略)。

応対に出たのは、センゴク大将。
「ロジャーは海賊王。お前との勝負なら、奴の勝ち逃げだ。処刑は一週間後、奴の生まれ故郷、東の海の始まりの町ローグタウン」
続いて、ガープ中将も姿を見せる。
「ロジャーの死は、あらゆる海賊の心をへし折るだろう」

シキは怒りもあらわに怒鳴る。
「海賊王ロジャーの伝説が…あの最弱の海、東の海で終わるのか。笑わせるな!!それはあのクソったれに対する最期の侮辱だよな」

「最弱とは言い様だ…東の海は平和の象徴」
「処刑の邪魔はさせん」
大将と中将が、純白の正義のコートを脱ぎ捨てる。

降りしきる雨の中。

ガープ。
センゴク。
金獅子。

3者の戦いは、マリンフォードの町を半壊させるまでに及び、決着を見た。

……軍艦とか、本部の壁にめり込んでるんですけど!

かくして、海賊金獅子はインペルダウンへ投獄される事となる。

一週間後、海賊王ゴールド・ロジャーの死とともに、大海賊時代が幕を開ける!!


降りしきる雨の中。
処刑場にいたのは、たとえば若きドフラミンゴ。
船長の死を嘆くバギー、そしてシャンクス。
まだヒゲのないミホーク。
クロコダイル。
モリア。
そして、まだ刺青のないドラゴン。

海辺に佇む髪の長い女……ルージュ。


ニュースは即日、全世界を駆け巡り、人々の脳裏にこの先の荒れ狂う海を予感させた。


アラバスタの王コブラは、新聞を見ながら「恐ろしい時代が始まった」と呟く。
傍らからのぞき込む若い妃の面差しは、やがて生まれるその娘が受け継ぐことになる。

「海賊が増えるってよ、オイモ」
「ここには攻めちゃこねェよ」
エニエス・ロビーで門番を務める巨人たちは語らう。

原始の森で、ドリーとブロギーは刃をかわす。

ロングリングロングランドでは、ニュースに沸く人々を他所に、遊牧民トンジットが、竹馬世界一への野心を燃やす。

「クリケット船長!!ロジャーが宝残して死んだって、こりゃスゲー!!」
報告を受けて、モンブラン・クリケットは笑う。
「ロマンがあるじゃねェか!!」

「正義はより強く!!強くならねばならん!!」
やがてCP9に選ばれる少年、ジャブラとルッチは修業に励む。
しかし半裸で山高帽+ハトってのはどういうセンスだ、ルッチ少年。

ある田舎町。
「ああ!!なんという事、呪われた赤子が生まれたわ!!海賊時代の呪いよ!!」
嘆く母の胸の中、その母によく似た目鼻立ちの『呪われた子』は、産声を上げる。
「オギャーぬらべっちゃ、オギャーぬらべっちゃ」

……不覚にも、ここで爆笑したよ!!
どこまでもおいしいやつ、デュバル!!!


九蛇の城では、幼い三人姉妹が語り合う。
「だい海賊じだい?みんな海賊になれるの?」
無邪気に問う末妹に、賢しげな瞳の姉は教える。
「より強い戦士にならなきゃ、海賊団に入れないって事よ」


海底監獄インペルダウンにもそのニュースは届く。
「聞いたか、この大ニュース!海賊王が、大秘宝を残して死んだって!」

レベル6。
囚人達は沸き立つ。
「海賊の時代が始まったんだァ!!シャバへ出てェ!!今すぐに…!新しい時代が始まった!!新世代の海賊の海!!」

その中で、ただひとり。
床に大の字に縛りつけられた囚人が、血まみれの唇から呟く。
「……!なぜ死んだ、ロジャー」
シキの目は、うつろに開かれたまま。
「くだらねェ…宝目当てのミーハー共が海にのさばったって、邪魔なだけだ…!…なにが新しい時代…!海賊は海の支配者だ…!いずれわからせてやる…」



ロジャーの死から2年が過ぎた頃。

つまり現代から見て20年前。
……ルージュさんの子供は、すでに生まれているはず。

大監獄の神話が崩れる。

「署長!!報告します!!金獅子のシキが逃走しました!!まだ獄内のどこかに!!」
「海楼石の枷はどうした、外されたのか!!?」
署長の問いに、副署長マゼランは応える。
「いえ、枷は外れていません!!自分の両足を切断して…!」
「何としても探し出せ!!あんな大物、逃がしてはコトだ!!」

捜索に駆り出された署員のうちのひとり…ハンニャバルが、床に滴る血に気づく。
「!!?」
慌てて振り仰ぐと、棘の生えた吊り天井の上に、足から血を流しながら葉巻を吹かす男の姿。
「ジハハハハ…おれの剣を2本知らねェか…?名剣だ。『桜十(おうとう)』そして『木枯らし』」
「シ…!シ…シ…昇格したい!!あ!!間違えた!!シキ!!」
「おめェらにゃあ悪いが、ここは出て行かせて貰う…!足はいらねェんだ…やるよ。2年間世話になったな」
「マゼラン副署長~~!!シキいました、助けてェ~~!!」

そして、一度は牙を折られた海賊、金獅子は牢を破り、再び海へと解き放たれた。

自らの足に、自らの力で刀を仕込み。
「よし…足ができた。ジハハハハハ!!!」


『センゴクだ。休暇中悪いが…ガープ、金獅子の事だ』
電伝虫の通信を受けるガープは、私服姿。背後には、風車が回る。
「ああ聞いた。気をつけた方がいいな…平安を求める様な男じゃない。だがすぐには仕掛けちゃ来んだろう。用意周到な奴だからな」

「マキノ!ガープの奴はどこだ?」
ウープ村長の問いに、鞠をもって遊んでいた少女・マキノが答える。
「お山へ行くって、さっき!」

「あーあー」
あどけない顔で這う黒髪の赤ん坊を、どたばたと追いかける男。
「このクソガキ、勝手に歩くんじゃねェよ!!待ちやがれ、エース!!」
その前に、ひょいと顔を出したガープは、おもいきりおかしな顔で赤ん坊をあやす。
「エースちゃ~ん!!ガープおじさんでちよー?」
「あーあー」
キャッキャと大喜びのエースにようやく追いついた男…ダダン。
「あ!!ガープ!!…さん、帰って来てたのかよ!?」

ガープはエースを溺愛してたんだな!
…まあ、親友の忘れ形見だしなあ。
しかしさりげなく「おじさん」はどうよ。ドラゴンほどの子供がいるくせに。
そしてガープとダダンの関係も微妙っぽいな。


シモツキ村。
コウシロウと妻が、赤ん坊を抱いて縁側で語らう。
「この子には道場を継がせたかったが…女の子ではねェ…」
「あら大丈夫よ、強くなるわよねー、くいな」

シロップ村。
村の若者ヤソップは、遠くやって来る旅の船に気づく。
降りてきた、麦わら帽子に赤い髪の男は言った。
「ヤソップって男の評判を聞いて来たんだ。あ…おれはシャンクス、海賊だ」

シロップ村の屋敷。
メリーは、設計図を引きながら呟く。
「ゴーイングメリー号…!うん…!こんな船をいつか造れたらいいなァ」

海軍基地。
「あのシキが脱獄だってよ…!」
噂話に、タバコをくわえた若い女兵士が笑って銃を構える。
「東の海に来たら、私がブチのめしてやるわ!!」
「ハハ!頼もしいな、ベルメール!!」

クック海賊団。
まだよさ毛も黒いゼフが、新聞を広げながら「金獅子か…」と唸る。
「何でも空を飛ぶ海賊って言われてるけど」
部下が横から言葉をかける。

ドラム王国。
降りしきる雪の中、「うちの子が泡ふいてるぞ!」の声と、「畜生ォまた失敗か!!」と叫びつつ逃げ出す男。
ピチピチの110台の女医・くれはは呆れた様に言う。
「またやったね、アイツ…!」

ドラム王国王宮では、王が甘やかされて育った王子・ワポルに頭を悩ます。

どこかの街角。
「ニコ・ロビンがこの国に!?」
「子供なのに、確か懸賞金が7,900万だぞ…!!」
叫びかわす人々の目を逃れ、黒髪の少女が物陰に身を潜める。

珍獣島では、宝箱にミラクルフィットする海賊が。

ウォーターセブンでは、海列車の開発にいそしむトムズワーカーズが。
フランキーはどうやら、海列車にも武器をつける気だったらしい…。


双子岬で、ラブーンが鳴く。
クロッカスは言う。
「もうムダだ、ラブーン。ロジャーの船に乗って、確認して来たんだ…ルンバー海賊団はもう…」

霧の海。
ビンクスの酒を歌いながら、生ける骸骨は、新技「42度」の開発にいそしむ。


シャボンディ諸島。
小さなタコの魚人が、海上に浮かび上がる。
「ニュ~!来たぞ、シャッキー」
「あらーはっちゃん、いらっしゃーいv」
「レイリーいるか?」
「中にいるわよ、ジュース飲む?」
「のむぞ」

ぼったくりバーの中で、幼いはっちゃんが見るのは、いつになく顔色を変えたレイリー。
「出て来たかシキ…今更何をしようというんだ…」


「ロジャーのいねェ海はどうだ?おれ達を阻む壁はなくなった。今はお前の時代のようだな、白ひげ」
モビー・ディックの甲板に腰を下ろすシキ。
背後には、ジョズやマルコ、ビスタの姿も見える。
「つまらねェ事を言いに来たんなら、今すぐ海に沈めるぞ金獅子」
白ひげの答えに、シキは笑う。
「ジハハハハ、相変わらずムカツク野郎で安心したぜ。…しばし姿を消そうと思う…生ぬるいこの時代に本物の海賊の恐さを見せてやる」
「また何か企む気だな…」


グランドライン、雲に届く秘境メルヴィユ。
「ドクターインディゴ、研究は進んだか!?」
船長の問いに、インディゴは答える。
「発見が一つ…ありまして、どうやらこの島、いくつかの植物によってバランスが保たれているようで、いずれも地上にはない種の」
「早ェ話がだ、インディゴ!!おれの計画が身を結ぶのに何年必要だ」
「そうですね…10…15…いや、早くても…20年」
「…よし…」
金獅子と呼ばれた男は、凄まじい笑みを浮かべた。
「よかろう、計画発動は20年後だ!!地上に地獄を見せてやる!!」



…そして、20年の時が流れる。
スポンサーサイト


コメント

  1. エビマヨネーズ鬼斬り | URL | 79D/WHSg

    どうもこんにちは
    早速なんですがシキの剣:桜十…読みは「おうとう」だったような気がします(立ち読みなんであやふやですが
    それにしてもこの0話、製本したらカタログみたいな厚さになるんでしょうかねぇ
    薄くてもこの内容はめっさ濃いので是非とも欲すぃです

  2. ゴムメラ兄弟 | URL | 79D/WHSg

    こんにちは!

    最初に誤字を見つけましたので報告します。
    同情⇒道場

    赤ちゃんデュバルに同じく吹きました(笑

    ところで今思ったんですが、ワンピースって10代(もしくはそれ以下)って少ないですよね?

    例 麦わら東の海5人衆+チョッパー+ビビ他

    今回の0話はまさにワンピースの歴史書と言ってもいいと思います!

    最後に、赤ちゃんエースが可愛かったです。
    (初めルフィかと思いました((^_^;))

  3. 敵役マニア | URL | 79D/WHSg

    今週のワンピは情報量が多すぎて
    アタマの中で処理しきれませんね。

    それにしてもマキノさんって、
    現在では一体何歳なんでしょうね。

  4. みづき | URL | 79D/WHSg

    お久し振りです!
    シキはロジャーが大好きだったんですね。そして気が長い。躊躇いなく「20年後だ」って言えるのは凄いと思いました。
    東の海は平和の象徴って言葉にへぇーと思いました。最弱であるというのは平和と言いかえることも出来るんだと。
    コブラの横にいるのは普通にビビだと思ってました。お母さんだったんですね…。
    赤ちゃんエースとチビはっちゃんが可愛かったです!!しかしこのエース、ものすごい高速でハイハイしてるように見えるんですが…。これで動き回られたら見てる方は大変そうだ…。
    ガープのデレっぷりがすごいですね~。10年後にはクソジジーって呼ばれちゃうんですけど(笑)
    ちょっと思った事。ロジャーが生きてたらガープみたいにあやしてたんでしょうか…。この二人、性格似てそうなので。
    長々と失礼しました!

  5. | URL | 79D/WHSg

    どうも久々です

    えっと、まず二つ名の話ですが。。。

    レイリーって‘海賊王の右腕’と呼ばれるの前から‘冥王’なのでは?


    なんせ今回の0話は半端ない情報量でしたね~


    そんな中で、気になったのは

    ロジャーの船で見習いしてる頃のバギーって

    完全に麦わら一味におけるウソップ的ポジションですよねw

    赤っ鼻に長っ鼻。

    鼻に特徴がある2人だけに、、、と言うかキャラ被っちゃってるよ!


    それと意外だったのはデュバルさんの若さ

    ロビンやハッちゃんがお子様の頃に赤ん坊

    まだ二十歳そこそこでピチピチのヤングマンだったなんてビックリしました


    それに比べて蛇姫様


    まだ設定されてる年齢は正式に公表されてない為

    一部マニアの中で彼女の年齢について色々と議論がなされてましたが

    ロビンやルッチよりお姉さんな感じだし今現在の年齢

    たぶん三十路は超えてますよねぇ(複雑)

    彼女は晴れて(噂に聞く)結婚した事になってるみたいだし

    ま、別に良いんでしょうけど

  6. ムーン | URL | 79D/WHSg

    ガープの実力は大将レベルだというのか……!!

  7. MIYE | URL | 79D/WHSg

    >エビマヨネーズ鬼斬りさん(0-3)

    こんばんはv
    反応遅くてスミマセン!

    で、ご指摘の通り、「桜十」は「おうとう」でした。確認しました。ありがとうございます!
    しかしサクランボかよ~(笑)

    0巻は、0話の他に資料等も入るので、80ページくらいになるらしいですよー。
    しかもどうやら、コミック収録は今のところ予定してなさげ。
    とりあえず今号は保存しとくべきですかね(苦笑)


    >ゴムメラ兄弟さん(0-2)

    ようこそ、また来て下さって嬉しいです!

    そして誤字の指摘もありがとうございます。気がついてはいたのですが、指摘がなかったらこっそりこのままにしとこうかと思ってました(笑)
    そんなわけで修正いたしました!

    うーん、麦わら東の海とその周辺人物(コビーやらウソップ海賊団やらノジコやら)は10代以下ですが、確かにグランドラインに入ってからは少ないかも。
    ルーキーズとかには、少なからず10代いそうですが。でもファーザーが18歳とかだったら泣く。

    ワンピースは、「受け継がれる意志」の物語なので、ルフィ達と、その先代達、ということでいいんじゃないのかな。
    やがて船長がシブいオトナに成長したら、シャンクスがルフィに麦わらを託したように、未来を託す新世代が現れるでしょう。
    それが理だし、それでいいんじゃないでしょうか。

    赤ちゃんの時はさすがにそばかすないねエース(笑)
    しっかし、あれは世話が大変そうだダダンさん…(笑)


    >敵役マニアさん(0-11)

    スゴいよね情報量。
    もっとスゴいのは、これが全部、たった一人の頭の中で生み出されて、しかもきちんと整理されてること。
    誰が何年前に何をしてたとか、誰が何歳だとか、全部きっちり把握してるおだっちはスゴすぎる。

    マキノさんは20年前に10代か、もしかして一ケタかな?
    20代後半から30代前半ってトコでしょうかね~。
    じゃあ、シャンクス(27)やらヒグマやらと渡り合ってた頃は、ヘタすりゃ18~19とかだったのか?なんという胆力。
    彼女も謎の多い人ですよね。


    >みづきさん(0-5)

    お久しぶりです!

    うん、シキはロジャー好きすぎるよね。20年間の陰謀というのも、ほとんどロジャーの弔い合戦のような気持ちなんじゃないかなあ。

    最弱=平和は確かに面白いですよね。
    平和であれば強くなる必要はない。道理です。
    しかしその中から、「最強」を目指すゾロが生まれちゃったりするわけですが。
    ……今思えば、東の海であれだけブイブイいわしてた海賊狩りが、グランドラインではひよっこ扱いなのもむべなるかな。

    ビビママは、ティティさんという名前らしいです。
    おそらくは、古代エジプトで最も有名な王妃であるネフェルティティ(ネフェルト=イティ、「遠くからやって来た美女」の意味)から名前を貰ったものだと思われます。
    名前に恥じぬ、すげー美人さんですよね。コブラパパったら隅に置けねえ。

    チビはっちゃんのかわいさについても述べたくて仕方ないところですが、とりあえずダダンさんはエースを繋いでおくべきだと思います(笑)
    あるいはケージに入れとけ!
    そして、「ガープおじさん」が「クソジジー」に華麗な変身を遂げたのは、エースがルフィに対してお兄ちゃん意識を芽生えさせたからだと信じてやみません。

    ロジャーはなあ…生まれる前から、「父親を思わせる行動」してた人だからなあ…(苦笑)。
    どんな行動だか気になって仕方ないよ。やはりベビー靴下をにまにましながら選んでたりしたのか!


    長くなるので以下分割!

  8. MIYE | URL | 79D/WHSg

    >海さん(0-22 准尉)

    うん、実は記事を書いたあとで、「冥王」のことを思い出した(笑)
    や、だって最初の登場シーンの人物紹介では、「海賊王の右腕」としか書いてないんだもん…!その次の週で冥王とかじいちゃんが言い出した時はびっくらこいたぜ。
    しかし船長が二つ名なし、副船長が冥王ってのもバランス悪くない?
    …いや、麦わら一味も、船長が「麦わら」で、一配下が「狙撃の王様」だけどさ(笑)

    バギーはウソップ的ポジションとして可愛がられていたようですね(笑)
    つーか、年齢的にも多分ローティーンだし、完全にマスコットボーイだよねアレ(笑)
    たぶん、赤のシャンクスと青のバギーの対のマスコットだったのに、シャンクスの方が飛び出たんじゃないかなー(笑)
    まあ、白ひげさんがなぜ一見習いの名前を憶えてたのかの理由がわかったというか。

    デュバルさんは若かったね!
    まだまだモテたいお年頃。

    蛇姫は、確か以前に考察したことがあるけど、最低でも27歳は越えてるはず。
    ただこの計算だと、奴隷解放直後に皇帝即位してないと間に合わない。しばらく路頭に迷ったりもしてたし、帰国してからも身元の確認とか、実力を示して支持を集めるとかの期間はあったと思うので(つーか、先帝が亡くなるか退位しないとダメだろ)、もう数年は行ってると思われます。
    だから30代始めでも、別におかしくはないっすね。


    >ムーンさん(0-1 海軍船雑用)

    はじめまして、ようこそ弊研究所へ。

    ……まあそれはそうじゃないかなーと。
    正直、生身で砲丸投げして大砲より強い人を、大将以下だと思いたくない(笑)
    しかもじいちゃんは多分非能力者ですからねえ。こわいこわい。

    大将になりたくなかった理由は、地位に縛られたくないということともうひとつ、大将になると、天竜人のパシリの義務が加わるからじゃないかなーと思います。
    あとは、親友センゴクを押し立てたかったとか?

  9. ストロングワールド | URL | 79D/WHSg

    こんばんわ
    いつも楽しく拝見させていただいています。
    映画楽しかったですね。
    ところで0巻のオダッチのコメで17歳の冒険は終わりってありましたが、どう思いましたか?
    エース奪還の戦いが終わったらルフィは歳をとるのかしら?1年ぐらい意識不明とか?

  10. MIYE | URL | 79D/WHSg

    >ストロングワールドさん(0-1 海軍船雑用)

    はじめまして、ようこそ弊研究所へ。
    ……よいお名前ですね(笑)

    ルフィ17歳の件につきましては、567話ネタバレの中でも触れておりますが、所長としてはぶっちゃけ、「予想とかしてもムダだから、ひたすら見守る」構えです。
    個人的には、年代ジャンプは歓迎しないけど、それがおだっちの判断したベストなストーリー進行であれば、喜んで受け入れる所存であります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://captainluffy.blog58.fc2.com/tb.php/216-b84bf27d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。