--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海賊になりませんか-14(幻のグランドライン冒険記!レビュー)

2009年02月03日 22:06

そんなわけで、ご無沙汰してます。帰ってきた所長です。
週一しか顔を出さない間にも、コメントなどいろいろと構ってくださり、ありがとうございました。
また少しずつ、以前のペースに戻して行きたいと思っております。
投稿等、どうぞよろしくお願いいたします。

というわけで、肩慣らし代わりにゲームレビュー。
続きは、折り畳み先からどうぞ。


海賊になりませんか


Vol.14 幻の島にリュウの卵を見た!?


麦わら一味がすっかり意気消沈して戻ってきた軍艦島は、すっかり様相を変えていた。
見渡す限り広がる、竜の形をした岩の転がる平原。千年ぶりに海底から浮かび上がった「リュウの巣」。
そしてそこここに、リュウじいと同族の竜たちの姿。
千年竜とは、千年周期で海を渡る種族、そして「リュウの巣」は、千年に一度姿を現す彼らの繁殖地だったのだ。

今まさに眼前で卵を割った幼竜に、リュウじいの面影を見つけるアピス。
船長はいつになく優しく語る。
「リュウじいは長いこと生きてたけど、アピスに会ってからのこのしばらくが一番楽しかったって言ってたぞ」
「え?ルフィ、リュウじいの言葉がわかるの!?」
ヒソヒソの実、立場ねえですな。
「なんとなくだ!」
……ああ、やっぱり。
「でも間違いない!(無敵笑顔)」
………はい、船長がそうおっしゃるなら!(切り替え早いな、おい)

ところでリュウの巣はついさっき浮かび上がったばかりで、居眠ってたアビスのじいちゃんもまだ目を覚ましてないっちゅーのに、えらく孵化早いな千年竜。

……とかいうツッコミはおいといて。

一応ラスボスとして現れたツンデレ……じゃない、自ら竜骨を手に入れ、無欠の存在になろうとネルソンを闇討ちして現れたエリックさんを軽くバズーカで葬り、一件落着。
またナナツ島でお会いしましょうねv

次の千年も、そのまた次も、子々孫々までリュウの巣を守る、と誓いを立てるアピスと別れ、メリーは歓迎の町・ウイスキーピークへと舵を切る。


……そういえば9と水曜、最初文句言った後何をやってたんだろう……まあそれはいいとして(いいのか)、なんか忘れてるような気が。




あ!
豚まん食いそびれた……!!!



つづく。


スポンサーサイト


コメント

  1. 清水遼平 | URL | 79D/WHSg

    懐かしいなアピス…
    あまり覚えてないけどリュウじい×ルとかいつものことでもえた気が…
    「なんとなくだ」ああやっぱり
    に爆笑

  2. MIYE | URL | 79D/WHSg

    >清水遼平さん(2-五老星)

    やっほい、お久しぶりー!

    リュウじい×ルフィか……。体格的にいろいろ問題があるなあ。
    いっそ擬人化か。

    とすると、「なんとなく」あんな複雑な内容が理解できたのも、愛による以心伝心とゆーことですね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://captainluffy.blog58.fc2.com/tb.php/171-de3a65b4
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。