FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ONE PIECE』525話ネタバレ

2008年12月06日 23:01

お寒うございます、所長です。
みなさんお風邪とか召されてませんか。
所長はいまのところ風邪は大丈夫だと思いますが、慢性的に眠いです。
腐るほど眠りたいです。
しかし眠るひまにいろいろやりたいという気持ちもあって、うっかり無為に時間を過ごしたりしてしまいます。
とりあえず、今日はこれの更新とコメントレスをすませたら、できるだけ早く寝ようと思います。
明日も予定が入ってます。

問題は、明日のアニワンが(東京では)ルンバー大絶唱なのに、朝から外出だってことだなあ……。
早めに出て、どっかでワンセグで観るべきか。次回ばかりは、音を聞かなきゃ意味がないし。

まあそれはおいといて、以下ネタバレですのでご注意を!
第525話
タイトル「海底監獄インペルダウン」


CP9の任務外報告31「いずれ必ず戻ります」。
海兵たちがほぼ全滅している、おそらくは軍艦の甲板上。
鍛えたボウリングの技で海兵たちを弄ぶCP9たち。
ブルーノが手にした電伝虫の送話器に向かい、ルッチは語る。
……えーと、必ず戻るて。それはその、お礼参り的な意味で?
それとも、「裏切られてもアタシついていくわ!あなたの部下だもの!」みたいな意味?
……多分前者だろうと思うが、後者の可能性も捨てきれない私はルチスパ萌え(腐発言失礼)。



鉄格子を介して、ガープとエースの対話は続く。
「お前とルフィにゃあ立派な海兵になって貰いたかったがのう。海兵どころか大変なゴロツキになりおって……!!」

※「ごろつき」
一定の住所、職業を持たず、あちこちをうろついて、他人の弱味につけこんでゆすり、嫌がらせなどをする悪者。無頼漢。ごろ。◆ 「破落戸」とも書く。(大辞泉)

……じいちゃん……その言葉は、ちょ……っと、エースにもルフィにも当てはまらないんじゃないかなあ。少なくとも二人とも、ゆすりたかりいやがらせとかするタイプじゃないぞ。

「ああ──そういやルフィに…親父の話をしたんじゃ…父親がおる事にビビっておったわい」
「そんなもん…知ろうが知るまいが…迷惑な事に──おれもルフィも…世界的大犯罪者の血を引いてんだ…海兵になんてなれる訳ねェ」

……という言い方からすると、エースはちょっとぐらいは、「海兵」という未来像を考えた事がある…のかな?
ルフィはシャンクスに出会ってから海賊一辺倒だったけど、それ以前は多分じいちゃんに子守唄のように「海兵になれ」と言われてただろうし、エースも同様だとしたら、それなりの年齢になった時には、気持ち的な未来の選択肢のひとつとして「海兵」というチョイスが一応あった、みたいな感じだな。
しかし、「世界的大犯罪者」、つまりドラゴンの息子であるから海兵にはなれない、と。
ドラゴンのおとうさま、海軍でも上から三番目だけどなあ。
……いやまあそれはおいといて。

「…だけど…!!おれは『ポートガス』って…大恩あるおふくろの名は継いでも…──ろくでもねェ父親の方の半分の血は願い下げだ…何の記憶も…何の恩もねェからな…」
「──まァ…そうじゃろうが…あいつはあいつでなァ…」


ついに!
以前所長がとりあげた「Dの秘密」、「エースとルフィの関係」についての手がかりが出た!
「ポートガスはエースママの姓」
……つまり、

・実はエースはお母さんの家を継ぐために姓が違うんだよ。お母さんがルフィと違ったりしてる可能性もあるね
・実はエースは勝手に好きな名前を名乗ってるだけで、本名はモンキーなんだよ

……この辺りの推測が正しかった、ということかな。
エースは本来、「モンキー・D・エース」と名乗るべきなのに、父親が嫌いで(あるいは関心がなくて)、母親には「大恩」を感じているから、そちらの姓を名乗っている、と。
で、この一連の会話からすると、エースの父親もドラゴンだ、という解釈でいいんだよな?
「世界的大犯罪者」がイコールドラゴンだという表現は一切ないし、固有名詞も出てないから、別の人物がエースの父親だという可能性もなくはないけど……ここは、素直に考えて良さそうな気がする。
とすると、少なくともルフィとエースは、父親は同じ、と考えていいのかな。あくまで固有名詞で語られるまでの暫定だけど。
母親の方は、「ポートガス」なママがルフィと共通とは明記されてないので、とりあえず保留。
ところで、父親の存在を知ってルフィが驚いていたとき、「自分に親がいた」と驚いてたっけ、「父親がいた」と驚いてたっけ?今手元にコミックスないのですが、もしも「父親が」という表現なら、「母親」の記憶はある可能性があるよな。「親が」という表現なら、どっちの記憶もないだろうと思うけど。
でもって、エースとルフィの母親が同じである場合、少なくともエースが二歳くらいになるまでは両親に接触はあったと思われるのに、エースには父親の記憶が一切ない……と。さらにいうなら、母親と兄弟が別れたのは相当幼少の頃だと思われるのに、エースは母親に「大恩」を感じている、と。(生んでくれた事自体が大恩、かもしれないが)
異母兄弟なら、ドラゴンとポートガスママはエース生誕後、一切接触がなかったとしてもおかしくはない……。

ううむ。
なんか、冷静にセリフからわかることだけを分析すると、特に謎が大きく解明されたわけではないんだな。
「ポートガスはエースの母親の姓で、エースはほぼ確実にドラゴンの実子」
……ということがわかったぐらいで。

「だからよ……ジジイ」
ぼろぼろになったエースは回顧する。

どこかの街角。
血まみれで座り込むエース。
(今死ぬには惜しいな小僧……)
目の前に立った男は、三日月のような口ひげの下で歯を見せて笑いながら、満身創痍の青年に手を差し伸べた。
(この海で、おれの名を背負って好きなだけ暴れてみろ…おれの息子になれ!!!)

力なく垂れていたこうべをあげ。
誇らしげに、エースは言う。
「おれのオヤジは…白ひげ一人だ……!!!」


インペルダウンへ急ぐモモンガ中将の船は、一艘の海賊船を見かける。
旗に見覚えはあるものの、さほど有名な徴ではない。
急ぎの航海であるモモンガはその船を見逃し、インペルダウンへ続く海流に乗った。


その海賊船──目に化粧をしたドクロ、すなわち「道化」の旗印を掲げた船上では。
「ここまで来てはみたものの…これ以上どうすることもできねェよ、アルビダ姐さん」
「アタシに頼るんじゃないよ!」
そう、その船こそは、「道化のバギー」を船長とする「ビッグトップ号」。
捕われ、インペルダウンへ連行されたバギー船長を救うため、クルーたちは金をはたいてエターナルポースを手に入れ、なんとかここまでたどりついたのだ!!!

……マジすげえ。初期の雑魚悪役たちが頑張っている!

このままでは、バギー船長が「前に友達になったエース君と一緒に」処刑されてしまう、キャプテン・ジョンの財宝島をさがしあてるというバギーの野望が叶うまで、おれたちは船長について行くんだ!と泣くモージ、カバジ、リッチー……は違う事で泣いてる……、その他の船員たち。意外と慕われてんのねバギー。
つかエースと友達になってたのかよ!

しかし、麗しのレディ・アルビダは超冷静。
インペルダウンへの侵入は不可能、脱出はさらに不可能。捕われた時点で、道化のバギーの海賊としての運は尽きた。死ぬと決まっているところに行く気はないし、船も勿体ないから、どうしても行くつもりならおまえらは小舟で行け、と決めつけられて、モージとバギーとリッチーは、びしりと敬礼した。

「バギー船長ー!今まで本当にお世話になりましたー!」
「あなたから受けたご恩!一生忘れません!」
「安らかなる処刑を!さよーならー!」
「ガルルルルー!」

……見切りはええな(笑)!!


さてそのインペルダウン。
海王類がうじゃうじゃしている海底にそびえるそこ……って、どうやって建てたんだろうコレ(汗)。
ともあれ、その中にはすべてがあった。
……およそ、監獄という言葉から思い浮かぶすべてが。
悲鳴、苦鳴、むち打ちの音、殺してくれとの哀願、格子、鎖、縄、牢名主、怪物の看守、毒蜘蛛、針の林に転がるドクロ、煮えたぎる鍋、獣の唸り、断ち切られるギロチンの縄。


アマゾン・リリー出航後4日半。
モモンガの船は、向かい風のため予定より少々遅れてインペルダウンに到着した。
窓からのぞくルフィは、息をのむ。
……居並ぶ海軍の数は、バスター・コールよりもさらに多い。
「エースは…ここにいるのか」
「──おそらく遥か海底におるのじゃろう。…さァ、服の中へ」
さりげない顔してとんでもないセリフだよな女帝……。

モモンガと連れ立つ美女をみて、インペルダウンに集まる海兵たちは浮き足立つ。
「み…みみ見ろあれ…」
「…あれが海賊女帝!…まさに絶世の美女」
「う…美しさが留まる所を知らない!」
「ビューティフルパワー何万ボルトだ!?何百万ボルトだ!!?」
……そういうことはサンジさんに聞くといいと思うよ!

「何じゃざわざわと、耳障りな者たちじゃ。石にして構わぬか…?」
どよめきを雑音と感じながら、ハンコックは悠然と歩を運ぶ。数歩後にはいつもの蛇が従い……っておい!てっきり蛇がルフィの体重支えるの手伝ってるんだろうと思ってたのに、完全に姫一人で17歳男子の体重全部支えてんのかよ!
か……怪力だわ姫。さすがは七武海。
しかもシルエットもすっきり。……ルフィ……もしかしておもいっきり薄くなって巻き付いてるのか…?でも頭部とかはさすがに隠しにくいと思うんだけど!

ハンコックの条件は、「エースを一目見る事」。
七武海とはいえ、海賊の出入りは禁止なので、入り口では海楼石の手錠とボディチェックが必要だと告げられ、ハンコックはひそかに服の中のルフィに声をかける。
(ルフィ、ボディチェックが入る)
(何とかする!!そのまま行ってくれ!!)

お前絶対なんにも考えてないだろ!!!

「構わぬ……!!」
ハンコックは、傲然とモモンガに応えた。


インペルダウン内。
「道化のバギー」が檻内から消えた、という報告を受けて、「能力者か!?」と慌てる副署長は、モモンガとハンコックの到着を告げられる。

さっそく脱獄しとるかバギー。……まあ、脱獄向きの能力だもんなあ。
能力者だとバレて錠をつけられてなければ、彼なんか逃げ放題だろう。ただ、海は渡れないから……バラバラになって、どこかの軍艦に密航でもするしかないけど。


ハンコックの美貌に、門番たちもすでに心ここにあらず。
「わ…v か…かか…かわい……イヤイヤ開門v!!」
「全開v サービス全開v」

(ゆくぞ…ルフィ!!)

ハンコックは、牢獄の中に踏み込んでゆく。

エース公開処刑まで、──あと33時間。


以下次号。

……ふう。
今回あんまり考察する事がないっつーか、本文中でさんざん考察したんで、あんまりここに書く事がないですな。
とりあえず、ルフィとエースの関係考察が一歩進んだ事は喜ばしい。
そして乙女なハンコックもかわいいけど、今回みたいに終始キリリとした蛇姫の方が所長は好きだなあ。

しかしなんだ……ここでバギー来るとは思わなかったよ!!!
そ、そうか、先々週にねねさんがコメントで指摘してくださった、「モモンガの新聞にバギー載ってる」というのは、「バギー捕獲」の記事だったんですな。
しかし新聞に写真まで載ったというのに、能力者とバレてなかったのか!
しかも、部下は全員無事で、ひとりだけ捕まるとか…どういう状況だったんだか興味あるなあ。描いてくれるかなおだっち。


(こっそり)
いや今さらだが、女性のカラダに巻き付いてあれだけアウターにひびかないことができるルフィの能力は、エロ方面にもいろいろ活用ができそうだと思います(笑)



スポンサーサイト


コメント

  1. 十束剣 | URL | 79D/WHSg

    ハデに、こんばんわ^^(微バギー風)

    うわ~やっと明らかになりましたね、一つ。
    ポートガスは母方かぁ~じゃあ母親はポートガス・ダダン?まだまだ分からないですけど、
    そこら辺が特別重要ですよね!!!
    あと少しなのに・・・これから徐々に明らかに・・・
    寝れない日が続きます笑

    にしても、そうだったのか、エースが白髭を弟よりも慕うにはそういう理由があったんですね、、それは分かる気がします。大犯罪者の息子、世間では大変な扱いされてたんじゃないですか?船長はひねくれてないのが不思議なぐらいに・・

    って、バギーと船長には深い縁がありますね笑
    ここできて、バギーがちょうどインペルダウンにいる自体、
    ある意味の因縁が感じられますよ笑
    とういか、アルビダって船長に惚れてなかったですか?
    船長、めちゃくちゃ美女にモテますね~~

    将来の食事の量(船長巨体説)もありますけど
    サンジさんにとっては美女にもてるっていうのが
    一番問題ですよね笑

    所長さ~ん、ロビンを汚しちゃいけませんよ笑
    賢い女はどんな時も、少女漫画並に目がキラキラして・・
    ぎりぎりの所で王子様が助けにくるんですよ
    (私は何を言ってるんだろうか笑

    ゾロは・・・あー見た目によらないですもんね、
    男の中の男(正統派)であってほしいけど・・・
    意外とムッツリかも知れませんし笑あなどれない


    風邪には気をつけてくださいね^^

  2. たま | URL | 79D/WHSg

    こんばんわです。

    今回はついに二人の母親(かはまだ分からないですが)の話が出てきましたね。個人的に母親の存在はとても気になっていたので嬉しいです(^O^)はやくどんな姿か見てみたい♪あ、でももう亡くなってる可能性もありますね…

    インペルダウンの雰囲気も凄まじいというか、ゾッとしました。針山や煮えたぎった釜とか怖すぎ(°□°;)まさに地獄ですね。デカっぱな君はどうやら脱獄できたみたいなんで一安心です。結構好きなキャラなので(笑)

    そういえば52巻買ったんですが、『救えない』まで入ってませんでしたね。ちょっぴりショック




  3. | URL | 79D/WHSg

    確か以前エースは
    「力に屈したら男に生まれてきた意味が無い(だっけ?)」
    って言ってたのに、、、
    あんな経緯で白ひげの部下になってた事が俺的には残念な感じです


    あとルフィ「なんとかする」は相変わらず勢いでの発言でしょうねぇ

    たぶん何にも考えてねーんでしょうな(汗)

    きっとハンコックも九蛇の民の事なんて考えてねーだろうけどw

    ま、ボディチェックの前にバギーが派手に騒ぎを起こしてくりゃ何とかなるんでしょう

    とにかく今後の展開も楽しみですがハンコック対アルビダも楽しみですね~

  4. onepiece好き | URL | 79D/WHSg

    お仕事の所すいません。
    お久しぶりです!私的に衝撃な内容だったんでコメントしてしまいました…

    45巻でルフィは「父ちゃんってなんだよ…おれに父ちゃんなんかいるのか?」とか、「おれの父ちゃんってどんなんだ?」とか言ってましたよ!(45巻見ました)
    ってことは所長さんの説の中の様に、母親は知ってる…って
    事なんでしょうか……
    母親が見たくてしょうがないです。

    って言うか、ハンコックの「さァ服の中へ」のコマが、
    気になってしょうがないです(変態

    またワンピースの謎か解明されそうですね。
    お仕事頑張ってください!

  5. 魚王 | URL | 79D/WHSg

    オールスタ~~
    いやはや此処でバギーですか(汗)
    25巻以来の“今現在バギー”御披露目!……あっ、味方しか出てなかった・・・
    毎週毎週ギン&モーガン(海賊)が出ないのかハラハラしてます……
     
    エースの父親はドラゴンじゃないですか?「おれもルフィも犯罪者の血を継いでる」からルフィの父親はドラゴン=エースの父親もドラゴン(!?)
     
    ちょっと嬉しかったのがインペルの見た目がイメージしたド真ん中だったことですねw

  6. ヒナ菊 | URL | 79D/WHSg

    「ゆくぞ・・・!!!
    ルフィ!!」
    と言う、ハンコックのキリッと引き締まった感じがいいですよね。
    今週は、最後の一コマにシビレました。

    ところで、エースは母方の性を継いだようですが、
    「D」も母方にくっついてたんでしょうか。
    ポートガス家もDの一族ってことなのかな・・・?

  7. nori | URL | 79D/WHSg

    こんにちは。最近毎週毎週話に驚異的な進展があって、目が放せない状態ですね。もう、アマゾン・リリーの一件も過去の1エピソードになってしまいました。(#523での、所長の海賊団メンバーキャラ立ち条件説、ごもっともです。さようなら、マーガレット。)

    ここの所読んでいて気になっているのは、何故海軍は白ヒゲにケンカを売ったのかという事です。

    白ヒゲが目の上のタンコブだったのは分かります。エースを捕らえたのが良いきっかけだったのかも知れませんが、まともにやり合えば海軍も相当な痛手を負うはず。そういう犠牲を払っても、世界政府寄りの勢力だけを残したいという事なのか?

    そうなると、この一件は、海軍の意思では無いという事ですね?今回で具体的な世界政府の描写も入ってくるのでしょうか。やっぱり目が放せません。

  8. MIYE | URL | 79D/WHSg

    >十束剣さん(0-25 中尉)

    これはこれは十束剣ン!(最新流行ヘラクレスン風)

    ダダンはいまのところ、あの兄弟にどんな感じにからむのかまだわかりませんなあ。語感からして、男性ではないかという気もするのですが。
    エースのキズだらけの青春については、別記事を本日書いてみましたので、よろしければ改めてご意見お願いします!

    そうそう、ここでついにアルビダVSハンコックの恐怖のキャットファイト開始(賞品:ルフィ)でしょうかねえ。
    ナルシストのアルビダ姐さんにはメロメロ効かないような気がするし、ハンコックは肉体攻撃弱そう&アルビダは鉄壁の守備だから、圧倒的にアルビダが強そうな気もする。七武海と雑魚海賊なのに(笑)

    いやいや、ロビンちゃんほどの美女なら、そういう展開こそお約束じゃないですかい(笑)!ていうか、彼女は「何でもやります」の頃から、たぶんその手のピンチとは戦い通しだと思います。
    そういう中でも屈することなくしたたかに生きてきたのが、彼女の美しさ&強さだと思っております。

    男の中の男……というと……波に向かって立つ獅子?

    風邪の心配ありがとうございますv


    >たまさん(0-7 二等兵)

    個人的予想として、間違いなくエースとルフィのママンは美形と見た。

    赤鼻さんの参戦は嬉しいですよね!あの一味も、グランドラインをここまで旅できるほどの実力かと思うと感慨深いですねえ。クリークなんかあっというまに逃げ帰ったのに(ミホークに遭うという天災のせいだが)。
    あの賑やかな男が、あの地獄でどんなに暴れてくれるか、楽しみ楽しみ。

    「救えない」収録の方が話の切れ目としてはいいですけど、そうなると次巻はしょっぱなからキノコネタになるし(笑)、仲間が一人も出てこなくなるしなあ。
    切り方としては、12巻の「伝説は始まった」に似てますよね。巻頭に、重要な話をもってくるパターン。


    >海さん(0-3)

    えーそうかなあ?
    「死なせるには惜しい」と言われたってことは、たぶんエースは負けてそこで死ぬ気だったんだろうから、「力」には屈していないんじゃないですかね。
    敵を倒す白ひげの強さと、それでいながら相手を認めて、「息子」と呼びかける白ひげの器のでかさに屈したというか惚れたんであって、力負けした相手だから従う、ということではないと思いますが。
    あとはエースの屈折したファザコンでしょうな(笑)

    ルフィは何にも考えてないのに100ベリー賭けます(笑)
    でもバギーとかハンコックとかのおかげでなんとなくうまくいっちゃうのに、あと100ベリー賭けときます。
    ついでに上記したように、ハンコックVSアルビダは、アルビダさんに一口。


    >onepiece好きさん(1-17)

    情報ありがとうございました。そうですね、「父ちゃん」言ってましたな。
    母親の記憶があるかどうかは、まだまったく未知数ですが。
    ……今思いついたけど、最悪の場合……ドクター・ベガパンクはたぶん人間量産できるんだよね……。そのへんの技術がからまないとも限らないか…。

    たとえ服の中にはいりこんでも、誰もやらしい妄想をしない。それこそが船長の人徳。

    励ましのお言葉、ありがとうございましたv


    >魚王さん(0-13 伍長)

    ギン(というかクリーク)は、あの状態から一味を立て直さないといけないから、再登場にはまだ時間がかかりそうな気がします。
    別れ際の言葉からして、いつか出てくるだろうとは思うのですが。
    モーガンはなあ。そういえばヘルメッポ&コビーも、インペルダウンに来てるのかなあ、じいちゃんのお供で。

    エースパパの謎については、本日別記事を書いてみましたので、よろしければご一読賜れば幸いです。
    ンマー所長も9割方はドラゴンでいいんだろうと思っておりますが。

    見れば見るほどわからないインペルダウン。
    どうやって、あんな海王類うじゃうじゃの中で建設工事やったんだろう……。囚人を惜しげもなく使い潰したのかなあ。ひい。



    長いので以下分割!

  9. MIYE | URL | 79D/WHSg

    >ヒナ菊さん(0-6)

    そうそう、今回のハンコックはかっこよくていいですよね。
    過剰な尊大も妄想もなくて。……いや、あればあったで確かに可愛いけど。

    ポートガスママンにも「D」があったとすると、エースとルフィはDの純血種ということでしょうかね。
    あるいは、エースが父方から「D」だけは受け継ぐことにしたのか。
    それとも、「D・エース」が個人名なのかなあ?


    >noriさん(0-2)

    こんにちは!所長のみもふたもない意見にご賛同いただきありがとうございます。

    そうですね、所長も現在最大の疑問はそこだと思っています。
    今まで三大勢力がバランスを保っていたのに、ここでわざわざケンカを売る意味は何か。
    四皇が邪魔なのだとしたら、四皇最大の実力を持つと思われる白ひげよりも、まずはシャンクスとかカイドウとか、白ひげより弱いところをたたくのが定石なような気がするのですが。
    もっともそれをやると、混乱中に白ひげが手を出して来る可能性があるから……ていうか、そのせいでバランスが保たれた状態になってたんだろうしなあ。
    ンマー、たまたま手に入った切り札がエースだったから白ひげ…なのかな?行き当たりばったりな。
    ここだけの話、白ひげは年齢も年齢でかなり身体も弱ってるようですし、下手に手を出すよりは、しばらく待って、彼が死ぬ、あるいは病気で求心力を失ったところを狙うべきだと思うのですがね。
    いずれにせよ、最前線に立っている海軍及び、当然ながら七武海にはわざわざ苦戦する意味はありませんし、やはりこれは世界政府の意志と見るべきでしょうね。

    次回、楽しみですな!……来週は休載っぽいけどorz

  10. | URL | 79D/WHSg

    オハヨーございます

    そうですね。そー言う解釈なら納得が出来るしエースの発言に矛盾も生まれませんな

    あとアルビダ対ハンコックですが僕はハンコックに50ベリーw

    確かにアルビダにメロメロは無効でしょうがハンコックには覇気がある。
    (描写は無かったですが妹達が使える覇気の応用技(?)は覇王色の覇気をコントロール出来てるらしいハンコックにも使えるハズ)
    で、一応ハンコックも‘九蛇の戦士’ってヤツですし戦闘力もそこそこあるだろうしキスピストルとかスベスベの能力でも防げない様な気がするんですよねー

    ただバギーやアルビダって最後まで戦わずに場を引っ掻き回すだけ引っ掻き回してフェードアウトするタイプなので勝負はつかない様な気がしてます。
    なので掛け金は50ベリーw

    あとですねインペルダウンってどうやって作った?って書いてありましたが

    僕個人の解釈は差別を受けてた魚人を奴隷(労働者)として投入して作り上げた建物なのでは?って思ってましたけど、、、


    今週は休載ですねぇ (溜息)

    少し先で合併号になるからまたおあずけになっちゃうし一週間って長いですねぇ

  11. MIYE | URL | 79D/WHSg

    >海さん(同一記事のためカウント増減なし)

    こんばんは(汗)
    レス遅れてごめんなさい!

    まあ確かに、17歳男性を張り付けてびくともしない足腰のハンコックさまには、肉体的強靭もありそうではありますね(笑)
    ただ所長は先回のアニワン観て、ピアノの蓋の上にのっかっても蓋が落ちない船長の体重って、もしかしてものすごく軽いんじゃ?と疑念を抱いております。
    あんなん、小学生が乗っかっても落ちるよね……。
    そういえばプラネタリウムでは、風で飛ばされてマストにひっかかってたしな(笑)

    というわけで、現在ハンコックに50ベリー、アルビダに100ベリー。
    あとないかあとないかあとないか!


    うーん、魚人なら確かに泳ぐのは速いけど、海王類の中に放り出されたらそうそう無事じゃないですよねえ。あれだけのものを建てるにはかなりの人数+年数が必要だと思うし、クレーンやユンボも使えないし。一応外壁だけ作っちゃえば、あとはコツコツ中を作ればいいんだろうけど、やはりかなりの犠牲者は出るだろうなあ。
    現在魚人が(表向きは)差別されてないのは、世界政府と魚人島が友好関係にあると公表されたからでしたっけ。そんな工事をさせられたんだとしたら、魚人島側が世界政府をあっさり許したのはなんだか違和感。ンマー、今後の犠牲者を少しでも減らそうとしたのなら、賢明な判断と言えますが。
    ていうか、世界政府側には、魚人島と手を結ぶメリット特にないよなあ。労働力としてさんざんこき使ってたのが使えなくなるわけだし。このあたりもなんか伏線があるのかな?

    とりあえず次回合併号は、頑張って早売り感想に来るつもりなのでよろしくー。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://captainluffy.blog58.fc2.com/tb.php/158-920d93bd
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。