--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ONE PIECE』520話ネタバレ

2008年10月30日 21:10

こんばんは、所長です。
毎度いつも通り、ネタバレ記事でご機嫌を伺いに参りました。
こないだ書いたばかりなのに、一週間て短いなあ。
まあ来週号が土曜発売だからなんですけどね!

というわけで、以下は土曜まで待ちきれない!な方々のみとなります。
表紙は豪華折り込み!
ジャンプマークのキャプテン帽子をかぶり、首に金の首飾りの正装で手を振る船長の笑顔のどアップ。
さらに折り込みを開くと、8人の仲間たちが大集合!
ちなみに並び順は、右側が上からブルック・ロビン・ウソップ・ゾロ、左側がフランキー・サンジ・ナミ・チョッパー。……特に規則性とかはない感じだな。仲間入りの順番ともズレるし……って、(アイドル)チョッパーが最前面に出てるのを除けば、あとは右・左と仲間入り順か!おのれおだっち、あいかわらずチョッパー解禁しおって。
なお、折り込みの内側は、飛び出す絵本風に、波に浮かぶ船「ジャンプ号」となっています。どうやら船長は船長らしい(笑)
そして記念のサイン色紙。おだっち先生のは、ルブーとチョブーとブルッブー……じゃなくて、要するに遊園地に行った三人組です。
船長のセリフは、「おれも二千の海をこえていく!!」
……サウザンド・サニーとかけてあるんですな。いいなあ!
ところで、その真下の「ハンターハンター」色紙(作者・富樫先生/カラー嫌いを公言)がカラーなのに、ワンピはモノクロなんだ……そうか。忙しいなあおだっち先生。
モノクロなのは、あとは秋本治先生と天野明先生と稲垣理一郎先生と星野桂先生と島袋光年先生か……。ここから何かを読み取るべきなんだろうか……。

そしてそして、ついに人気投票発表ですぜベイベ。
1位は当然我らが船長。2位ゾロ、3位サンジ、4位チョッパー、5位エース、6位ナミ、7位ロビン、8位シャンクス、9位ブルック、そしてなんと10位にルーキー、トラファルファー・ロー大躍進。続く11位のウソップまでが千票以上獲得したようです。ちなみにウソップは、「そげキング」票を足せば10位になるけど……は、しまった!聞かなかったことにしてくれたまえ!
そげキングは、ウソップの親友!きみの心の中の狙撃の島から来たヒーローだ!


カラー見開き。
どことも知れぬ不思議な林で、麦わら一味の大パーティ。
ルフィとロビンとウソップとサンジとフランキーはカードゲーム。ルフィはジョーカー(ブルック柄)を引き当てた模様。……ババ抜き、かな、これは。ロビンのカードがやたら少なくて船長のカードがやたら多いところからしても(笑)
フランキーもサンジも順調にカードを減らしている様子。サンジはピンクのシャツにネクタイを緩め、毛ずねを披露しつつ上機嫌。ウソップはサンジのカードを覗き見中。フランキーが楽しげに頬張るのは、バナナスイカ(推定)。……もしかすると、スイカバナナかもしんない。よーするに、バナナのように皮がむけるスイカ、らしい。
同じものを背後でお昼寝体勢のゾロも頬張っており、今しも口から種弾発射中。本日のゾロのお召し物は、「FUKURO DARUMA」のロゴ入りの、丸いフクロウのイラスト入りシャツ。
一方チョッパーは、赤い水玉模様というか、某著作権的にヤバい千葉のネズミみたいな模様というかの牛に乗って、赤いリンゴのような実を収穫中。それを横から失敬したのか、剣に実をいくつも刺したブルックは、牛に追われている。
そしてそのリンゴめいた実をむいているのはナミ。くるくると回す皮のむき方はリンゴと同じだが、横に置いてある皿を見ると、どうやら中身はオレンジというかミカンっぽいようだ。


第516話
タイトル「ゴルゴンの目」
ようやく本編(汗)。長かったな!

CP9の任務外報告は休載。

「ギア2」
ルフィの宣言とともに、コロッセオは沸いた。
「…何?あれ」
「体から煙を噴いてる!!」
「…男って…そうなの!?」

なにが「そう」やねん。
どんどん増えるな、間違った「男」データ。
このくらい「男」のデータが増えれば、今後運の悪い男がここにたどりついても助かるかもしんない。
「こいつは伸びないし太らないし寝ながら物を食べないし煙も吐かないから、キノコが生えてても『男』じゃないわね」
……みたいな感じに。

三姉妹は、気圧されつつも怯えはしなかった。
いかにこの男が「覇王色の覇気」の持ち主であろうが、制御ができないのならばそれはただの気迫にすぎない。
ソニアが「蛇髪憑き」と唱えると、長い髪が八匹の蛇に変じる。
「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)!!」
奇妙な構えをとる少年に襲いかかり、ひとのみにしようとした大蛇の一匹の牙は、しかし虚しく闘技台の柵を噛み割る。髪の毛が変化したものでありながら、鉄のごとき強さを誇るその牙は繰り返しルフィを狙うが、しかし彼はそれをすべてかわす。
ソニアは焦る。彼の動きはわかっている、先読みは続けているのだ。しかし、それでも彼女の蛇は、ルフィに追いつけない。
ルフィは彼女の蛇をかわしながら背後に回り、伸ばした腕でソニアの首を捕え、地面に叩き伏せた。
ぐったりと伸びた姉の姿に、逆上したのはマリー。迫ってくる武器をルフィはまたしても身軽くかわし、構えをとる。
「ゴムゴムの…」
「ムダよ、あなたの攻撃はさっき弾いて見せたはず!!」
「…JETバズーカ!!」
「!!?」
……マリーの体は、のけぞったまま階段をなかば転げ落ちた。

いまや、コロッセオを支配するのは沈黙と、そしてひとりの少年。
ソニアが身を起こす。
マリーが段を戻ってくる。
「ソニア!マリー!そなた達…一体何を遊んでおるのじゃ…!!」
すでにハンコックの顔に笑みはない。
「!!あ…姉様!!」
「ご…ごめんなさい姉様!!すぐに始末を…!!」
怯えた様子の妹姫たち。今度はマリーゴールドが先に動く。
体に火を纏わせてから、彼女もまた「蛇髪憑き」を使う。
「炎の蛇神(サラマンダ)!!」

サラマンドーラーサラマンドーラーひのなかのーりゅーうー♪
……失礼しました。続きをお楽しみ下さい。

「逃げ場なんて与えないわよ…!」
八岐大蛇とサラマンダが、ルフィの周囲を取り囲む。
「これ以上ない攻撃!!」
「どんなにすばしっこくても絶対に逃げられないっ!!」
観客も再びヒートアップ。
……ルフィは、軽く息を吐いた。
迫り来る、鉄の牙、炎の蛇。

「ゴムゴムの……JETガトリング!!!」


……蛇の王女たちは、もつれあうように倒れた。
しかしすぐに悲鳴を上げたのは、ソニア。
「きゃああ~!!熱い!!」
燃え盛るマリーの炎が、姉の体を焼いたのだ。

余談ですが、こんな女妖でも悲鳴は「きゃあ」かと思うと、ちょっと萌えますね。

「しまった!ソニア姉様、早く離れてっ!!」
マリーは次姉を突き飛ばしたが、そのまま自分も引っ張られて転ぶ。
ふと気づくと、二人の尻尾がいつのまにか、固く結びあわされていたのだ…!

え、船長!船長!
……ロープ結び、できたんだ……!(失礼)

「熱い、熱い!!助けて!」
「待って、姉様!!私まで…!!」
パニックに陥るマリーとソニアの傍らで、船長はこっそりいい笑顔でVサイン。
ちょ、シャッターチャンス!誰かカメラ持ってきて!!アタっちゃーん、どこ!?
……とかアホなことを言ってる間に、熱さで狂乱したソニアは暴走。危うく剣の溝に落ちかけ、客席につかまることでなんとか難を逃れる。
(ほらな、言ったヤツが落ちかけるって言ったろ?/笑)
ソニアはちょうど、闘技台と客席の間に吊り橋のように体を支えた状態だ。
第二皇女の思わぬ事態に、ざわめく客席。

……だが、そのとき、ルフィだけが気づいた。「そのこと」に。

「熱づ!!」
悲鳴を上げながら、ルフィはソニアの背に抱きついた。足を胴に回し、彼女の背に体を這わせる。
「男が追い討ちをかけてきた!」
「非道な!!ソニアさまを串刺しにする気よ!!」
……うん、「非道」とかはあんたたちにだけは言われたくねーな、観客のおねーさんたち。
「おのれ『男』…!!」
苦鳴をあげ、身をよじろうとするソニア。しかしルフィは、厳しく制する。
「動くな!!お前らがおれを殺したくても!!おれはお前らを殺す気はねェ…!!」
「生意気な!!マリー!!今のうちにこの男を!!」
しかしマリーは動かない。愕然とした表情。彼女もまた、ルフィの気づいた「それ」に気づいたのだ。
「何をしてるの!?マリー!!」
急かす姉の声に、マリーは茫然と答える。
「無理よソニア姉様…!!……私達は今……」

「その男に……守られてるから……!!!」

観客も気づき始める。
「サンダーソニアさまの衣服が燃えて、背中がはだけてる!!」
「あの男が離れたら、ゴルゴンの目が露に!!」

「!!?……え」
ソニアも、ここに至ってようやく気づく。

ハンコックは言った。
『そなたが見た背中のこれは、わらわ達がたとえ死んでも見られたくないものじゃ…!!』

「お前ら、『これ』死んでも見られたくねェんだろ。だから動くな」

ハンコックが立ち上がる。
「『武々』は終わりじゃ!!!ゴルゴンの目が晒される前に!!!みな会場を出よ!!」
女帝の命令に、会場はどよめく。たちまち雪崩を打って逃げ出す観衆。
その悲鳴を遠く聞きながら、ソニアは問う。
「私は今戦っていた敵だぞ…なぜ庇うのだ」

「お前らが見られたくねェモンと、おれとの勝負は別の話だ」

ハンコックはふたたび、蛇の椅子に座す。右手で、顔を覆いながら。
……その頬に、ひとすじの涙が伝った。

以下次号。


ああ……こりゃ、落ちましたな……。三姉妹まとめてハートをゲットだぜ船長。
これは、次回から回想編とかに入る流れかな?
アホなものを予想してただけに、反応が意外とシリアスでちょっとびっくり。

やはり妹たちの背中にもあったんですね、「これ」。
あの服装では普段でも、風が吹いただけでヤバかろうと思ってたのですが、意外にも今まではガードばっちりだったようです。あの髪で完全に隠してたのかな。
てゆーか、死んでも知られたくない秘密を知ったヤツを公開処刑にすんなって話ですよハンコックさん(笑)そいつが死ぬ間際に、観衆の面前で「王様の耳はロバの耳ー!」とか絶叫したらどうすんですか。
……ていうか、あれ?もしかしてこの話、「王様の耳はロバの耳」もモチーフのひとつなのかな?


(こっそり)
しかしなんだかんだいって、ほぼ全裸の女性にぴったり抱きついても、そういう意味ではまったく問題にならんのは、ルフィの人徳だよな(笑)

スポンサーサイト


コメント

  1. 魚王 | URL | 79D/WHSg

    ラストの涙は何の意味が!?
    「全く…これが男…」過去に訳有り
    「惚れたわ…未来の王様…」結婚発表会
    「ルフィ…良い子に育って…」まさかの繋がり。
    それにしてもギアルフィ強すぎる…寿命ガンガン減っていく(泣)

  2. onepiece好き | URL | 79D/WHSg

    巻頭カラーやばかったですね―――!
    感激でした!!!

    まだ時間はかかるだろうけど、早く巻頭カラーみたいに皆が集まってワイワイしてほしい………

    ルフィは本当男前ですね!!今日はギアも見れたし、(でも無茶しないでほしい…)蛇姉妹も守りましたしねー!
    手を出したのは…やっぱ「女戦士」だからなのでしょうか…?出さないかと思ってましたが出しましたねー!
    (……ああなったからには戦わなきゃですけどねー…)

    ハンコックさんの涙が気になりますー…何で??
    …まぁこれでルフィとの戦闘が無くなると信じたいですが…

  3. たま | URL | 79D/WHSg

    カラー扉絵、早くこうやって皆揃って楽しそうにしてる所が見たいです。でも今のルフィ単体の話も盛り上がってきたのでまだまだ続けてもらっても全然OKです(オイ)

    てか、今回ルフィがいい男すぎてもう…電車の中でジャンプ読んでた女子高生三人が「やばい、ルフィに惚れたゎ」「彼氏にしたい」とかなんとか話してるの聞いたんですけど、思わず頷きそうになりました(笑)ほんとにこんな人現実にいたらいいのになぁ…

    蛇姫様の涙の訳が気になりますねぇ。過去によっぽど辛い経験でもしたのでしょうか(>_<)

  4. ヒナ菊 | URL | 79D/WHSg

    泣いてしまいましたね・・・。
    ギリシャ神話のように、石化を解く鍵がハンコック自身の涙だとしたら、
    もともと涙腺がゆるい人なのかも。

    私もアホアホで行くのかと思っていたので、ちょっとびっくりです。
    で、彼女達との決着はついちゃった、のかしら。

    他の方のコメントにもありますが、
    同じく、ルフィの言動にはしびれまくりました。
    いつの間に、こんないい男になったのだろうか。

  5. 零番隊特務隊長 | URL | 79D/WHSg

    やっぱり気になったのが最後の一コマのハンコックの涙!!あれは過去のことを思い出しての涙なのか?七武海以前のことが関係ありではないかと。

  6. 敵役マニア | URL | 79D/WHSg

    ルフィの男ットコ前っぷりに感動。
    はてさて、これからどうなるやら楽しみですな。
    「敵が戦った後でいいヤツになる」という、僕の大好物な展開になったりして・・・!

  7. 零番隊特務隊長 | URL | 79D/WHSg

    ONE PIECEのいいところは謎が少しずつ解明されるというところがいいですね。ハンコックにしても謎のままルフィは島を出るということはないでしょうし。

  8. MIYE | URL | 79D/WHSg

    >魚王さん(0-7 二等兵)

    ハンコック=ルフィママ説は最近わりと見かけますね(笑)
    ありえなくはないけど、ああいうマミィはちょっと勘弁かなー。
    ここで覇気を覚えたら、ギア2ももう少し使わなくて済みますかねえ……。


    >onepiece好きさん(1-13 伍長)

    やっぱりあの巻頭カラーの雰囲気はいいですよね!
    先回のもスゴく好きでしたけど。

    船長のオトコマエぶりはすさまじいですよね。
    これで少なくとも、妹二人の心証はぐっとよくなったでしょうし、あとはハンコックさんがどう出るかですが。
    うーん……感動の涙のようには見えないんだよな。


    >たまさん(0-4 三等兵)

    まずは昇進おめでとうございますv

    ルフィ現実にいたら、食費がかかってしょうがないですけどね!(夢を壊す発言は控えるように)

    そうそう、ハンコックの涙は、なんていうか辛い過去を思い出してのものみたいに見えるんですよね……表情のせいかな。
    ルフィの行動に対する涙じゃなくて、自分自身に向けられた涙というか。
    こりゃー過去編濃厚ですな。


    >ヒナ菊さん(0-2)

    ハンコックの涙が石化を解くんだとしたら、海軍船大変だと思います(笑)
    誰か玉ネギもってこーい!

    ハンコックの今までの態度を思うと、どんな辛い過去があってもなあ……とは思うのですが、そう思っていたはずのフランキーを今では愛してしまっている恐怖のおだっちマジック。
    いずれ蛇姫はいいオンナだよね!と語る日が来るでしょうか(笑)

    そして船長は、最初っからいい男だと思います(ドン)!


    >零番隊特務隊長さん(0-3)

    同一記事につけてくださったコメントなので、カウントは一回で。

    やっぱり過去にまつわる涙に見えます?みんな同じ意見だなあ。
    誰が見てもそう思える絵を描けるってのはすごいですよね!
    しかしハンコックも、あの若さで、しかも女性で、あのバケモンたち(くまとかモリアとかミホさまとか)と肩を並べてんですから、いろいろあったとは思いますけどねえ。

    しかしワンピの恐ろしいところは、ひとつ謎が解けるとふたつ謎が現れるところではないかと(笑)


    >敵役マニアさん(0-7 二等兵)

    敵役マニア的には、それは邪道じゃないんですか(笑)>いいヤツになる

    いいヤツになるネタスキーには、ほんとにワンピはおいしいですよねえ。
    ナミ(数多の海賊を遭難させた)とか、ロビン(数多の海賊弾壊滅、一国を滅ぼしかけた)とか、フランキー(ウソップを袋だたきにして金強奪)とか、はっちゃん(ナミの養母を殺して村に圧政を敷いた仲間の一味)とか、おだっちマジックで愛されるようになったキャラは枚挙に暇なし。
    もちろん所長は、みんな大好きだー!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://captainluffy.blog58.fc2.com/tb.php/147-3926f8f6
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。